日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

おっさん、90歳の母を背負う

【はじめに】

このブログには個人的なことは極力書くことを避けている、おっさんですが、

今回は特別に、我が母のことを書かせていただきます。

 

おっさんの母は今年90歳になりましたが健在です。

母は昭和4年、西暦で言うと1929年に福岡県の筑後市という地方都市で生まれました。

筑後市は、菅原道真の系列の水田天満宮が有名ですが、母は、水田天満宮の境内、天満宮から歩いて3分のところに生家があり、今は本家筋が家を継いでいます。

f:id:reiwa00502:20190812230958p:plain
水田天満宮について書いたブログはここ

 https://reiwa00502.hatenablog.com/entry/2019/08/17/000000

 

 

【「庶民の昭和史」そのものの「母が生きた時代」】

 昭和12年、1937年に8回目の誕生日を迎えた翌日に中国、北京郊外の盧溝橋で日本軍と中国国民革命軍(当時の呼び名は「支那軍」)との衝突を知り、母は子供心に「戦争が起きる」と、とても怖くなったと当時を振り返ります。

 

 11歳だった昭和15年は、皇紀2600年にあたる年で、母は紀元2600年記念の踊りを

踊ったそうです。

 

 女学校時代は、太平洋戦争中にあたり、母は学徒動員で風船爆弾を作っていました。

母が住んでいた地区は、和傘が有名で和紙の産地なので、その和紙を使い

戦時中は風船爆弾を作ってたのです。

また、母の里は、小作人をたくさん抱えていた地主で、かつ

米屋も営んでいて、羽振りがよかったそうですが、

戦後の農地改革で土地の大部分を失い、生活が苦しくなったそうです。

 

 終戦の年、昭和20年(1945年)になると米軍の空襲が日本各地で行われますが、

母の住んでいた筑後市にも空襲が来て1級上の女学校の先輩が機銃掃射で命を落としています。

 

 そして終戦のとき。8月15日は、母は16歳の女学生。

終戦の日まで日本が戦争に負けるとは思わなかったそうです。

日本が外国、しかも鬼畜米英の支配下になると知り、年頃だった母は、これからどうなるかととても不安になったそうです。

 

 その後、父と出会い結婚し私を産んで育ててくれた母親に、おっさんは感謝の気持ちを抱きつつも照れてしまい、「ありがとう」と言う気持ちを、なかなかうまく表現できませんでした。

 

【母の里に連れて墓参りも】

 時は過ぎて今年の夏2019年8月、母は90回目の誕生日を迎えました。

子供達は独立し、夫も死亡した母は頭脳は明晰ですが歩行が困難になり、今は施設で

暮らしています。

おっさんが仕事の都合で近くに住んでいないので、そう頻繁に会うことも難しい状況で

親不孝をしています。

 

 そこで、今年の夏は母を見舞い、かつ、母が生まれ育った家および母の代々のお墓に連れて行きました。

母が生まれた家には、94歳になる母の兄の奥さんが今も住んでいて、懐かしい話をして盛り上がりました。

 

 母の墓は本家のすぐ近くにあります。

地主時代に自分の田んぼを1つつぶして作った墓で、今も田んぼのなかにあります。

昭和12年(1927年)に母の父と祖父が建てたそうです。

f:id:reiwa00502:20190821195012p:plain

 

 さて、母方の先祖代々の墓に着きましたが、母はもう高齢で満足に歩くことが出来ません。そこで、おっさんが母を車からお墓までおんぶして移動しました。

小さい頃何度も母におんぶしてもらったので、その恩返しです。

f:id:reiwa00502:20190821201335p:plain

詩人・石川啄木

「たはむれに母を背負いて  そのあまり軽きに泣きて  三歩あゆまず」

と詩集「一握の砂」で詠んでいますが、おっさんの場合はそんなもんじゃありません!

母親はセミみたいに、おっさんにしがみつくから全体重をかけてきて苦しいし、

外は35度を越える猛暑。

日頃鍛えていない軟弱なおっさんには、なかなかきついものでした。

 

お墓には、母の父親、祖父、曽祖父・・・と名前が刻まれていました。

f:id:reiwa00502:20190821200254p:plain

f:id:reiwa00502:20190821200815p:plain

f:id:reiwa00502:20190821200610p:plain

お墓か自分の車に戻るときも、おっさんは90歳の母をおんぶしました。

写真でもわかるように炎天下です。

f:id:reiwa00502:20190821195709p:plain

 

 ガガーリンは宇宙から地球を見たとき「地球は青かった」と言いましたが

おっさんは、こう言います「母は重かった」!!