日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

JR原宿駅が2020年に解体される!!

 

 

 

都内で一番古い木造駅舎のJR原宿駅

          来年・2020年に解体されます!!

f:id:reiwa00502:20191121074346p:plain

 

JR原宿駅。。東京都渋谷区神宮前一丁目にあり、新宿と渋谷という2大繁華街の間にある駅です。

 

f:id:reiwa00502:20191121074937p:plainf:id:reiwa00502:20191122075933p:plain

 

 

原宿駅は、明治神宮、竹下通りの最寄りの駅でもあるため、外国人を含めた観光客が

多く訪れています。特に週末は歩くのも大変なくらいです。

毎日7万人を超える利用者があるそうで、代々木公園で催しがあるとき、NHKホールや代々木体育館でコンサートやイベントがあるときには、多くの人でごった返します。

 

その原宿駅が、来年2020年(令和2年)夏に開催される東京オリンピックパラリンピック終了後に解体することになりました。

 

(大正時代に造られた原宿駅の駅舎)

  JR原宿駅の駅舎は、1924年(大正13年)に建てられた木造平屋・一部二階建ての駅舎で、当時はおしゃれなイギリス風木造建築物でした。

この駅舎は、鉄道省の技師だった長谷川馨の設計です。

木の暖かさと落ちついた雰囲気を感じます。

f:id:reiwa00502:20191121084818p:plain

 

(駅舎ができたころ)

駅舎ができる前年の1923年(大正12年)には、関東大震災が起きて東京は壊滅的打撃を受けました。

この駅舎ができた1924年(大正13年)当時は、原宿駅周辺は田園地帯でした。

すでに、明治神宮ができていて、現在の代々木公園には代々木練兵場がありました。

 

明治神宮について書いたブログ】

 

【代々木公園について書いたブログ】

 

さらに、原宿駅の1964年(昭和39年)の東京五輪を記念して造られた五輪橋も

すぐ近くにあります。

f:id:reiwa00502:20190606150808p:plain

f:id:reiwa00502:20190606150841p:plain

 

原宿駅の駅舎は、いい雰囲気です)

おっさんはこの原宿駅が好きです。木造の雰囲気がいいですね。

尖塔付きの屋根に白い外壁という、英国調のデザインがいい味を出しています。

f:id:reiwa00502:20191121085521p:plain

 

(新原宿駅来年開業予定)

今、原宿駅では工事が行われています。 

来年の2020年(令和2年)3月21日に、新しい駅舎の利用開始を予定しています。

工事予定表には、完成予想図が張ってありました。

f:id:reiwa00502:20191121090036p:plain

 

JR東日本 原宿駅HP】

 

歴史と風情がある原宿駅の駅舎がなくなるのは、

おっさん的には非常に淋しいですねえ。

どこかに移築とか再現とかできないんですかねえ。

f:id:reiwa00502:20191121091242p:plain

f:id:reiwa00502:20191121231028p:plain

 

 

<<おまけ:

JR門司港駅・駅舎が素晴らしくいい>>