日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

「秋田横手かまくら祭り」は、お勧め!!

 

おっさんが子供の頃に憧れた事の1つに雪国の「かまくら」があります。

かまくら。。雪で作った家。

子供の頃、雑誌で「かまくら」の中に入って餅などを食べている写真を見ては

「あの中に入りたいなあ」「1度は行きたい、体験したいなあ」と思っていました。

f:id:reiwa00502:20200129173023p:plain

 

そのかまくらを誰もが体験できるのが、秋田県横手市で行われる「横手かまくら祭り」。

この行事は、毎年2月15・16日の夜に行われる伝統行事で、みちのくの冬の風物詩です。

2020年の「横手かまくら祭り」は2月15日(土)16日(日)の2日間。

週末なので参加しやすいと思います。

 

では、去年「横手かまくら祭り」に実際に参加したおっさんから見どころや注意点を。

 

(横手かまくら祭りに行く服装)

まず、寒いです!!

雪が溶けないことからわかるように寒いです。

2月の平均気温は0.5℃で真冬日も多いのです。

とにかく暖かい格好をしましょう。使い捨てカイロ、帽子、手袋 マフラーは必須ですよ。

あと、雪道が凍っていることもあるので滑ります。気を付けましょう。

事前に天気予報をキチンと確認し、寒さ対策をしておきましょう

★ただし2020年は暖冬で雪不足とのこと!!

ニュースや公式HPで最新の情報を入手し対応しましょう。

 

(横手かまくら祭り)

かまくら祭りの期間は、横手地区でかまくらが100個ほどできるそうです。

 「かまくら」はもともと、中にまつられた水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願する行事でした。

  

(JR横手駅前)

横手の入り口となるJR横手駅、出口の左側には、小さなかまくらがあります。

この中に入ることも写真撮影も可能です。

f:id:reiwa00502:20200129172842p:plain

 

JR横手駅から10分くらい歩くと会場の1つ横手市役所本庁前公園に着きます。

横手かまくらまつりの会場は、横手市役所本庁舎前の公園、横手公園、二葉町通り、

羽黒町通り、駅前の「よこてイーストにぎわいひろば」、南小学校などの市内一円と、市役所からバスで40分程度の木戸五郎兵衛村などです。

 

 

(木戸五郎兵衛村)

おっさんは、まず木戸五郎兵衛村に行きました。

「木戸五郎兵衛」・・なんか凄い名前です。

木戸五郎兵衛村には横手市役所前から直行バスが出ていて片道40分、200円で着きます。

バスに乗るとガイドさんが車内で施設の紹介やイベントの案内をしてくれます。

木戸五郎兵衛村は、江戸時代から大正時代にかけての地元の民家を移築したものです。

村には、古民家が四件ほどあり、近くには、かまくらが複数あり、中に入ることもできます。

f:id:reiwa00502:20200129174750p:plain

f:id:reiwa00502:20200129172951p:plain

 

(おっさん遭難しかける!!)

この木戸五郎兵衛村には、民家から少し離れたところに神社・木戸五郎兵衛神社があったので神社好きのおっさんは見てみようと雪道を神社に向い歩きました。

ここで近道をしようと誰も歩いていない、足跡がない場所を歩きました。

すると、いきなりズボーーーっと足元から沈んでしまい胸まで雪に埋まってしまいました!!

うぉーーーーー!!

脱出できない!!これには、びっくり&パニック!!

助けを求めようと声を張り上げても遠すぎて聞こえない。まずい!!

なんとか自分を落ち着かせ、周りの雪を手でかき分けて道を作り、そろりそろりと脱出しました。

あーーアブナイ。遭難するところだった。。。

 

遭難を逃れたおっさんは、木戸五郎兵衛村の中の一軒へ入りました。

その中で、お茶とお汁粉のふるまいがあり、おいしくいただきました!

地元の通学生がボランティアで働いていました。

<木戸五郎兵衛村>

住所:秋田県横手市雄物川町沼館字高畑336外 中央公園内

 

横手市内のかまくら

木戸五郎兵衛村での観光が終わりバスで横手市内に戻り、かまくらを見学しましたが、ここで1つ。

かまくら循環バス乗り場には乗らないほうがいいです。(これ重要)

いきなり営業妨害の書き込みで恐縮ですが、これは事実です。

というのは、循環バスが小さくて乗れるのは20~30人くらいで、すぐに満室になります。

そのため寒い中、バス停で長いこと待たされます。時間の無駄です。

雪景色を見ながら自分で歩いて回ったほうがいいです。

雪灯りとロウソクの光があいまって風流です。

 

・・・で、おっさんが実際に歩いたのは

(南小学校)

 

竹の筒で作ったたくさんの燈籠が雪となじんで綺麗です。

(横手公園)

山の上なので見晴らしがいいです。

 

お城があるところで、山の上です。

(蛇の先川原)

 

河原には3000個のミニかまくらがあり橋の上から川原を見下ろすと幻想的な世界を見ることができます。

(市役所付近)

歩道にたくさんの かまくら がありますが、人気で順番を待つ列ができています。f:id:reiwa00502:20200129174118p:plain

 

 

(長年の夢かなう!おっさん かまくらに入る!)

市役所前の歩道に並ぶ かまくら。その1つに入りました。

おっさんが子供の頃から抱いていた「かまくらに入る」という夢が、

ようやく、かないました。

f:id:reiwa00502:20200129174020p:plain

 

かまくらは、雪を固めたもので、中に入ると大人が4人で満室になるくらいの広さ。

下には何か敷かれていて、寒くはありません。

雪を固めて作った壁はしっかりしています。

f:id:reiwa00502:20200129174158p:plain

 

中には地元の中学生の男子生徒がいて、もてなしてくれます 。

話をしたら彼らは中学3年生で外国のお客さん用に簡単な英語を覚えたそうです。

小さな国際交流ですね。

 

このかまくらの中では、甘酒をいただきました。

かまくらの中では食品の販売は禁止ということなので、感謝金として1000円を手渡ししました。

f:id:reiwa00502:20200129173855p:plain

 

雪で作ったかまくら

誰でも入れます。雰囲気もいいです。

是非、中に入って 体験して下さい。

 

 

(横手焼きそば)

横手といえば、ご当地フードの「横手焼きそば」が有名ですよね。

この焼きそばは、B-1グランプリで優勝したことがあります。

おっさんは、かまくらの会場に行く途中に偶然見つけたお店で食べましたよ。

横手市内には、横手焼きそばを食べられる店が点在していて、駅や市役所などでもお店の紹介ポスターなどが展示されていますので、是非行ってみてください。

 

 

★宿泊が混む可能性が高いので、準備を怠らないようにしましょう。

【安く旅行・宿泊するにはコレ!!】

【安く宿泊する方法はコレ!!】

(「横手かまくら祭り」関連HP)

 

【みちのく5大雪まつり公式HP】

 

横手市役所のHP】

 

【横手観光協会HP】

 

 

<<横手かまくら祭り情報>>

秋田県横手市

横手駅から横手市役所本庁前道路公園まで徒歩約10分

 

かまくら、いいもんです、

是非足を運んでみてください!!

f:id:reiwa00502:20200129174340p:plain