日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

5月30日 東郷元帥逝く

 

1934年(昭和9年)、5月30日、世界に影響を与えた日本人の1人が亡くなりました。

「東洋のネルソン」「アドミラル・東郷」と呼ばれた、日露戦争日本海海戦時の、

連合艦隊総司令官東郷平八郎元帥です。88歳でした。

        f:id:reiwa00502:20200521151703p:plain

 

 

世界に影響を与えた日本人は数多くいますが、勇気を与えた日本人の軍人の筆頭と言えばこの方かもしれません。

アジアの小国の日本が、白人の大国ロシアの、しかも世界最強と言われたバルチック艦隊を壊滅させたわけです。その快挙は、植民地支配に苦しんでいた諸国に大きな影響を与えました。

 

(運命)

東郷は、江戸幕府幕末の薩摩藩士で、初陣は幕末の1863年の薩英戦争でした。

当時は、まだ16歳の少年でした。

 

その後、1871年(明治4年)から1878年明治10年)までイギリス留学します。

その留学期間に1877年(明治9年)に西南戦争が起きていますので、東郷はそれには

巻き込まれませんでした。

もし、東郷が留学をしていなかったら、彼は西南戦争に巻き込まれていた可能性があります。

 

(運がいい男) .

1903年明治36年)、日露戦争の前年となるこの年、東郷は海軍の連合艦隊司令長官に任命されます。

そのとき、明治天皇が、東郷を選んだ理由を海軍大臣山本権兵衛にお尋ねになります。山本の答えは、「彼は、運の良い男ですから」。

そして、その運の良さも味方につけ1905年5月の日本海海戦で海戦史上まれにみる圧倒的勝利をおさめ、以後の日露交渉に大きな力となります。

f:id:reiwa00502:20200521152831p:plain

日本海海戦について書いたブログはここです】

 

 日露戦争での活躍は、陸軍の満州軍総司令官・大山巌とともに「陸の大山 海の東郷」と呼ばれました。

 

その後、元帥にまで昇格しますが1934年(昭和9年)5月30日午前7時に、なくなります。そして6月5日に日比谷公園国葬が行われました。

 

 

死後、東京原宿に東郷神社が建てられます。

f:id:reiwa00502:20200521152403p:plain

東郷神社について書いたブログはここです】

 

また、横須賀港には、東郷元帥の像と彼が乗船した戦艦三笠が飾られています。

f:id:reiwa00502:20200521152557p:plain

 

 

・ということで5月30日は東郷元帥が亡くなった日です。