日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

8月15日 終戦の日

8月15日は終戦の日です。

f:id:reiwa00502:20200730124050p:plain

【読売新聞より引用 発表後50年が経過し著作権は消滅しています】

 

終戦の日の8月15日は水曜日)

1945年(昭和20年)8月15日は、日本がポツダム宣言を受諾し、太平洋戦争の戦闘行為が事実上停止した日です。

この日は水曜日でした。

 

ここで、8月15日を「敗戦の日」と言う人がいますが、それは間違い。

同年9月2日に東京湾上でミズーリ号の上で降伏文書に署名し、これをもって日本の降伏

および、外国の占領下になることが正式になります。

ですから、解釈上は8月15日は「戦闘停止」であり「敗戦」ではありません。

 

(時代背景)

1945年(昭和20年)は、太平洋戦争末期。

日本本土は連日、米軍の空襲にさらされ、ほぼ焼け野原。

空襲が来てもB29には高射砲は届かず、迎え撃つ戦闘機は不足し、飛行機を飛ばす

原料のガソリンも不足していました。

市民生活を見ると、食料も物資も不足し、働き手である成年男子が戦場にとられたため農作業従事者や労働力が不足し、国力も低下していました。

 

日本を取り巻く環境も次第に厳しくなります。

サイパン島が陥落し、フィリピンがアメリカに取られ、沖縄も占領され、硫黄島

玉砕。。。次第に米軍が日本本土に近づいてくることが新聞やラジオからわかります。

当時はまだTVがありません。迅速に情報を入手する手段としてラジオが主流でした。

 

新聞やラジオから流れてくる戦況は、大本営が内容に手を加えていましたが、

それでもフィリピン、沖縄、硫黄島が占領されていくことは伝えていました。

 

日常生活では、食料は配給制になり、物不足が深刻化します。  日本本土で暮らしていた方は、、食料不足物解消のため草やカエルを食べた方もいました。国民は、耐久生活を強いられ、我慢して生活していました。

 

おっさんは、当時生きていた方に色々と話を伺いましたが、このような状況でも「戦争に負けるとは思わなかった」「最後は神風が吹いて戦争に勝つ」と思っていた方が多くいました。

 ただ、便所の落書きに「こんな生活はもういやだ、アメリカに負けて占領されていい

暮らしがしたい」とか「負けた方がいい」と言うのがあったそうです。

 

 

 また、戦地にいた兵隊さんに話を聞くと、物流の差はすさまじく、日本軍は弾薬、

兵器、すべて不足。攻撃する武器もなく、最後は爆弾を抱えての自爆突撃しかなかったのですが、末期には、その自爆攻撃用の爆弾もなく、日本刀をもって夜陰にじょうじて敵陣に突っ込む作戦しかないのです。

しかし、米軍は機関銃で撃ってくるので、どうしようもなかったそうです。

 

フィリピンで戦った人の話ですが、この方は撤退した米軍基地跡を探したところ、大量の金属製のランチボックスを見つけました。

中を見ると肉料理、パン、さらにデザートまであり、竹を切って作った臨時の容器に「コメがわずかに入った薄いおかゆばかり」を食べていて、いつも空腹だった自分たちと比べ、「これでは勝てない」と感じたそうです。

 

(ラジオで重大放送)

1945年(昭和20年)8月15日は、役場から午前中に「正午にラジオで重大放送がある」との知らせを受けそうです。

この放送は、ソ連が攻めてきたから必死に戦うように決意表明するのではないか?あるいはアメリカと和平が成立したのではないか?と思った人がいたものの、日本が降伏すると思った人はいませんでした。

 

やがて正午に重大放送がありました。当時15歳だった私の母(昭和4年生まれ)は福岡県筑後市の自宅で家族と玉音放送を聞きました。

しかし、ラジオは雑音が多く、放送は聞き取れず、放送の内容が実はわからなかった

そうです。

その後、役場の方が「日本が降伏した」と話しだし、ようやくラジオの内容がわかりました。母親は、まずこれで空襲がない と安心したものの、これから生活が、そして日本がどうなるかと心配したそうです。

「女性だから米軍に売りとばされるのではないか」と心配したそうです。

夜になり、空襲の心配もなく各家庭に電気がともっている光景を見て、ああ戦争が終わった と実感したそうです。

(当時は空襲対策で、家の中では電気に覆いをつけ電気が外に漏れないようにしていました。そして、電気が漏れていると見回りの人が「〇〇さーん 電気がもれてまーす」と注意していたそうです)

 

一方、父(大正10年生まれ)は、陸軍にいてシンガポール終戦を迎えました。

父はすでに、終戦間際には、実際の戦闘を通じて国力の差を感じて「日本は負ける」と実感し、戦死する事を覚悟していました。

戦闘行為が終結し砲弾の音がしなくなり「ああ死なずに済んだ」と感じ「はやく内地(日本)の自宅に帰りたい。」と思ったそうです。

 

(体験者のお話を伺おう!)

2020年(令和2年)は終戦から75年です。

終戦の年に生まれ方でさえ、今75歳ですから、戦争の記憶がある方は80歳以上になるでしょうか?

実際に戦場で戦った人になると終戦の年に20歳だとしても今95歳ですから、

記憶が定かな方、健康な方、ご存命の方は少ないと思いますし、いずれいなくなる時期も来ます。

 もし機会があればその方々の話に耳を傾けてください。

 

 

また、都内在住の方は東京九段にある昭和館に行き、戦前・戦中・戦後と人々の暮らしがどうであったかをここで見て感じて下さい。

昭和館について書いたブログはここです】

 

【おすすめの戦争まとめサイトについて書いたブログはここです】

 

 

人々の生活・暮らしの大きな転換期となった1945年(昭和20年)8月15日。

 

戦地で無念の死を遂げられた先輩方、命をささげて戦われた先輩方、

焼け野から立ち上がり今日の日本を築き上げた先輩方

その方々のことを決して忘れることなく、8月15日を考えていこうと思います。

 

8月15日の正午には、黙とうをしましょう。