日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

11月10日 皇紀2600年式典開催

【最初に、このブログにて使用する写真に関して】

1956年(昭和31年)12月31日までに公表された写真の著作物については、旧著作権法明治32年)の規定により、「創作後10年、公表後10年経過すると消滅している」と考えられます。それに従い、当ブログにて使用する皇紀2600年記念式の写真に関しては著作権は消滅しています。

 

f:id:reiwa00502:20201109213012p:plain

f:id:reiwa00502:20201109205132p:plain

11月10日は1940年(昭和15年)に皇居前で

紀元2600年記念行事が行われた日です。

当時は日本国を挙げての大祝賀行事でした。

f:id:reiwa00502:20201109214628p:plain

 

紀元2600年記念行事とは1940年(昭和15年)が初代神武天皇が即位して2600年目に

あたる年とされ、それを祝福するものです。

 

1940年(昭和15年)11月10日(日)、東京の皇居前広場昭和天皇・皇后隣席の下、

内閣が主催する「紀元二千六百年式典」が盛大に開催されました。

 

 

11月10日の夜には、皇居前にかがり火がたかれ、花電車も登場するなど

夜更けまで賑わいます。

f:id:reiwa00502:20201109212319p:plain

 

皇紀2600年記念式典は翌11日にも開催されます。

下は東京朝日新聞が11日に出した臨時夕刊の1面です。

号外ではなく「臨時夕刊」です。

2日間にわたるこの紀元2600年式典には、合計で5万5千人の参列者を迎えました。

【当時の様子を伝える東京朝日新聞臨時夕刊の記事】

f:id:reiwa00502:20210206141946p:plain

 

 (式典はラジオで全校に生放送) 

 皇居前で行われた祝賀会の様子は、当時唯一のラジオ局であった日本放送協会

(のちのNHK)のラジオ放送を通じて全国に実況中継されました。

このとき天皇勅語の箇所だけは放送が中断されています。

これは、ラジオを聴いている人が、変な姿勢や寝転がって聞いたのでは、天皇に対する不敬になると判断したためです。

ちなみに天皇の肉声がラジオから初めて流れるのは、終戦の日の1945年(昭和20年)

8月15日の正午です。

 

(♪紀元は2600年)

この式典にあわせて「皇紀2600年奉祝曲」も作曲されました。

おっさんの母親(昭和4年生まれ:91歳)は当時高等女学校の学生で、

この日女学校では奉祝会があり紀元2600年の踊り踊ったそうで、

今も歌を覚えています。

さすがに91歳なので踊りはしませんが・・・。

  

(2600年には夏冬五輪と万博も決まっていた)

紀元2600年にあたる1940年(昭和15年)は日本の建国のお祝いということで

政府は国際的なイベントの誘致にも成功していました。

国際大会に加え札幌五輪東京五輪、そして万国博覧会の開催も決まって

いました。

 

札幌冬季五輪が1940年(昭和15年)2月3日から12日まで。

2600年万国博覧会は3月15日から8月31日までの170日間、

東京五輪は9月21日から10月6日までを予定して、

国家的なイベントの連続する年になるはずでした。

しかし、日中戦争の長期化でいずれも返上しています。

 

(国内で盛り上がる紀元2600年

郵政省(当時は逓信省)は、紀元2600年祝賀会にあわせて4銭と20銭の

記念切手を発行しています。

図案は4銭切手が天孫降臨の地・宮崎の高千穂。

20銭は初代の神武天皇が即位した奈良の橿原神宮です。

初代の神武天皇は、宮崎で生まれたとされます。

そのため、宮崎が“日本のふるさと”と言われます。

神武天皇は九州を平定し、東へと向かい、奈良の樫原に都を作り、そこで初代の

天皇として即位します。

その即位した日が西暦元年の660年前の2月11日とされています。

ですから2月11日が「建国記念日」であり、この日はかつては「紀元節」と

言っていました。

 

(映像で見る当時の様子)

皇紀2600年祝賀会の様子は当時の日本ニュースが伝えていて

今もその映像を見ることができます。

 皇紀2600年記念式典を伝える日本ニュース】

 

皇紀2600年はどんな時代か)

この皇紀2600年記念式典が開催された1940年(昭和15年)は、日中戦争の真っ最中。

3月30日には蒋介石から離れた汪兆銘が南京に親日南京政府を樹立。

すでに欧州戦線では第2次大戦は勃発しドイツ軍の進撃が続いています。

8月には日独伊三国軍事同盟が締結します。

そんな年でした。

 

(各地に残る皇紀2600年記念物)

皆さんは、神社でこのように刻まれた物を見たことがありませんか?

f:id:reiwa00502:20191008092626p:plain

f:id:reiwa00502:20200615145033p:plain

皇紀2600年は国を挙げての一大イベントだったために、このように日本各地に

記念で建てられたものが残っていることがあります。特に神道の神社に多く見られます。

 

太平洋戦争前半では無敵を誇っていた日本海軍のエース・ゼロ戦はこの年に作られます。

2600年の末尾の0からゼロ戦と名付けられました。

f:id:reiwa00502:20200803104148p:plain

 

 

(今年は皇紀2680年)

皇紀」は、今ではあまり使用されなくなりましたが、今年2020年(令和2年)は

皇紀2680年にあたります。

皇紀2680年の建国記念の日明治神宮と皇居前の様子を書いたブログはココ】

 

というわけで、

11月10日は、

1940年(昭和15年)に

皇紀2600年記念式典が開催された日です。