日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

12月14日 赤穂浪士討ち入り

      

 12月14日は、赤穂浪士の討ち入りの日です。

 
年末になると必ず話題にあがるのが「忠臣蔵」。

 

忠臣蔵とは)

忠臣蔵」。。誰もが一度は聞いたことがあると思いますが、ここでおさらい。

1701年(元禄14年)旧暦3月14日、赤穂藩主の浅野内匠頭長矩が、江戸城吉良義央(上野介)を刀で切りつけました。いわゆる殿中松の廊下です。

吉良は、命を落とすことはありませんでしたが、傷を縫うケガを負いました。

 

当時の常識では、殿中での刃傷は死罪と決まっていたため、時の将軍・徳川綱吉は、

加害者の浅野内匠頭切腹を命じます。

浅野内匠頭切腹泉岳寺に埋葬されます。

 

一方、切り付けられた吉良義央(上野介)は、その翌年の1702年12月14日の深夜に浅野内匠頭長矩の旧臣・大石内蔵助良雄ら赤穂浪士の襲撃を受け、日付が変わった15日未明に殺害されます。62歳でした。

 

吉良を討ったあと、赤穂浪士達は、その首を持って主君の浅野内匠頭の墓がある泉岳寺へと向います。

泉岳寺についた一行は亡き主君・浅野内匠頭の墓前に吉良の首を供え、一同焼香します。


 吉良の首は、浅野長矩の墓前に捧げられた後、箱に詰められて泉岳寺に預けられ、

吉良家へと送り届けられます。

 

討ち入りをした、浪士は、1703年2月4日に切腹となりました。

赤穂浪士の遺骸は主君の浅野内匠頭と同じく、泉岳寺に埋葬されました。

 

 

 東京にはこの忠臣蔵に関係するものがあります。

 

吉良上野介の墓がある萬昌院功運寺)

中野区上高田にある萬昌院功運寺には、忠臣蔵で討たれた吉良上野介のお墓があります。

f:id:reiwa00502:20200325091750p:plain


f:id:reiwa00502:20200325092818p:plain

 

★功運寺では、吉良上野介の命日にあたる12月には吉良公慰霊法要が行われています。

 【功運寺について書いたブログはココ】

 

<<吉良上野介義央の墓:萬昌院功運寺への行き方>>

JR東中野駅徒歩12分

住所:東京都中野区上高田4-14-1   萬昌院功運寺

f:id:reiwa00502:20200325091849p:plain

 

浅野内匠頭と四十七士の墓がある泉岳寺

一方、東京都港区高輪にある 泉岳寺には、赤穂事件で有名な播磨赤穂藩主の浅野長矩(あさの ながのり)と討ち入りをした赤穂浪士が葬られています。

f:id:reiwa00502:20200702161031p:plain

 【泉岳寺について書いたブログはココ】

<<泉岳寺への行き方>>

JR高輪ゲートウェイ駅から徒歩10分以内

住所:東京都港区高輪二丁目11番1号

 

(義士祭に参加)

12月14日周辺には忠臣蔵で亡くなった浪士のために全国のゆかりの寺で

義士祭が行われます。

おっさんは京都で行われた義士祭に参加したことがあります。

f:id:reiwa00502:20191219155928p:plain  【2019年(令和元年)法住寺の義士祭りについて書いたブログはココ】

<<法住寺への行き方>>

三十三間堂の前にあります。

おっさんはJR京都駅から歩いて行きました。徒歩15分ほどでした。

住所:東山区三十三間堂廻り町655

 

      
 

・・ということで

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日です。