日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

12月15日 蝦夷共和国成立

1868年12月15日、北海道函館に蝦夷共和国成立

 

今まで何度か日本国内に2つ以上の政府ができたことがあります。

そのなかで明治初期に日本に誕生したのが、蝦夷共和国です。

 

蝦夷共和国は、旧幕臣の徳川勢が中心となっていて、その行政の本部となったのが

五稜郭の中にある旧函館奉行所でした。

f:id:reiwa00502:20201019231440p:plain

五稜郭はその星型のその形が有名な日本初の洋式城塞です。

ヨーロッパで発達した「城郭都市」をモデルとした土塁が五か所設置されている

稜堡(三角形の突端部)式の城郭です。 

函館タワーから五稜郭 を見ると星状なのがわかります。

そして共和国誕生を宣言をした12月15日には日本で始めての選挙(入札)が行われ

榎本武揚が総裁に選ばれています。

f:id:reiwa00502:20190510231757p:plain

 

蝦夷共和国誕生までの流れ)

時は幕末、日本国内が新政府軍と旧幕府軍の戦いが起き内戦となった中、

1868年4月11日、新政府軍の西郷隆盛旧幕府軍勝海舟の会談で、

江戸城の明け渡し、無血開城が決まります。

しかし、旧幕府側の面々は、新政府の数々の処遇に不満を抱きます。

 

新政府軍は旧幕府側に艦隊の引渡しを要求しますが、幕府海軍・副総裁の

榎本武揚はこれを拒否し8月19日、開陽丸など8隻の軍艦を引き連れ品川沖を

脱出します。

この8隻には彰義隊の生き残りなど総勢2000人近くが乗船しました。

船は途中,蝦夷で陸軍奉行となる大鳥圭介新撰組土方歳三、さらに政府軍との戦闘での残党と合流し、海路で蝦夷を目指します。

 

 蝦夷地上陸)

同年10月20日、榎本艦隊は、蝦夷地への上陸し二手に分かれて箱館へ進撃、

各地で新政府軍を撃破します。

この時の函館は、すでに行政を行っていた五稜郭が幕府側から新政府へと移って

いましたが、榎本軍の進軍で政府軍は青森へ撤退。

10月26日に榎本軍は五稜郭に入り、榎本自身も11月1日に五稜郭に入城します。

f:id:reiwa00502:20191203174400p:plain

そして、五稜郭のほぼ真ん中にあった箱館奉行所にて政治を行います。

f:id:reiwa00502:20201019231717p:plain

 

 (わずか半年の蝦夷共和国

12月15日、蝦夷共和国が誕生し、この時点で日本には明治政府と蝦夷共和国という2つの国が一時的に存在します。

 この状況は翌年の春まで続きますが、4月9日、新政府軍は蝦夷地・乙部に上陸し

旧幕府軍との戦闘を再開し、5月18日には榎本武揚が降伏し蝦夷共和国は滅亡します。

 

 

年表)

1868年(明治元年) 8月19日 旧幕府艦隊が江戸湾から北上、蝦夷地へ
           10月26日 五稜郭無血入場
           11月 5日 松前占領
          12月15日 箱館占領、蝦夷地領有宣言
          日本初の箱館政権入札(選挙)実施

1869年(明治2年)       4月16日 明治政府軍が松前奪還
                  5月11日 箱館湾海戦、土方歳三戦死
                  5月18日 五稜郭開城降伏、蝦夷共和国消滅 

 

 ・・・ということで12月15日は 

蝦夷共和国が誕生した日です。

f:id:reiwa00502:20190510233813p:plain