日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

アインシュタインが宿泊した三井倶楽部(北九州・門司港)

 

f:id:reiwa00502:20201230102601p:plain

アインシュタイン…世界的に有名なこの物理学者でノーベル賞受賞者のこの人は、

何度か日本に来ています。

 

アインシュタインが九州滞在中に宿泊したホテルが福岡県北九州市門司区のJR門司港駅正面にあります。
明治以降、三井財閥が社交場として使用していた三井倶楽部です。

三井倶楽部の外壁は、木の柱や梁などを骨組みとして外に見せるハーフティンバー形式で縦、横を強調する木部のダークブラウンと白の窓枠とシックな壁色とのコントラストが外観を特徴付けています。

これは英国ではチューダ様式と呼ばれているものです。

1世紀以上前に作られたも尾ですが、今見ても立派です。

f:id:reiwa00502:20201230102402p:plain

 

この木造2階建の建物には、アインシュタインが1922年(大正11年)に宿泊した2階の部屋が当時の状態で「アインシュタインメモリアルルーム」として展示されています。

f:id:reiwa00502:20201229234539p:plain

f:id:reiwa00502:20201229234546p:plain

f:id:reiwa00502:20201229235021p:plain

f:id:reiwa00502:20201230000234p:plain


 (1922年アインシュタイン来日、

        北九州では三井倶楽部に宿泊)

世界的な物理学者アインシュタインは1922年(大正11年)に、改造社の創業者の山本実彦によって日本に招かれ、11月17日から12月29日までの43日間、日本を訪れ各地で

講演をしています。

アインシュタインは日本に向かう船の上でノーベル物理学賞の受賞の知らせを受けます。そのため、アインシュタインノーベル賞受賞直後の来日となりました。

f:id:reiwa00502:20201229233550p:plain

 【出典:三井倶楽部アインシュタインメモリアル ルーム】

 

11月17日神戸港に到着、その後、仙台、京都、東京、大阪、神戸、福岡などに立ち寄り講演を行っています。 

12月23日(土)夜に福岡県門司市にある三井倶楽部に宿泊し、翌日福岡に向かいます。

12月25日(月)のクリスマスには再び門司に戻り門司のYMCAで開かれたクリスマスパーティに参加し、バイオリンでアベ・マリアを演奏しています。

25日から29日までは門司の三井倶楽部に滞在し、27日(水)には関門海峡や門司の対岸にある下関市を見学しています。

 

下の文字は三井倶楽部に掲げられていたアインシュタイン直筆「SAKAYEYA」。

12月24日に博多で滞在した栄屋旅館らしく、栄屋旅館がなくなったので三井倶楽部に

掲げてあるそうです。

f:id:reiwa00502:20201229234054p:plain

 

日本を離れる前夜の28日には送別会が開かれ、日本人関係者による義太夫長唄

どじょうすくいなどが披露され、その返礼にアインシュタインはバイオリンを演奏しました。

そして12月29日午後3時に日本郵船「榛名丸」で門司港から日本を立ちます。

 

【三井倶楽部公式HP】

<<アインシュタインが宿泊した三井倶楽部への行き方>>

JR門司港駅正面 徒歩1分

住所:福岡県北九州市門司区港町7番1号

f:id:reiwa00502:20201229234644p:plain

f:id:reiwa00502:20201230000906p:plain