日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

神武天皇を祀る皇宮神社(宮崎市) 

f:id:reiwa00502:20210203232310p:plain

 

皇宮神社は、神武天皇が、大和地方へ向かって美々津から船出する いわゆる「神武東遷」の直前まで過ごしたといわれる場所で別名「皇宮屋(こぐや)」ともいいます。

宮崎市北方町の森の中にひっそりとありました。

f:id:reiwa00502:20210203232608p:plain

シンプルながら落ち着いた雰囲気の社殿です。

ここは、プロ野球の巨人軍が参拝することで有名な「宮崎神宮」の摂社にあたり、

宮崎神宮から徒歩15~20分の場所にあります。

このあたりは大小の古墳がある「下北古墳群」で、この東南には宮崎神宮があります。

f:id:reiwa00502:20210203232540p:plain

この皇宮神社に祀られているのは、4人。

神日本磐余彦天皇(かむやまといはれひこのすめらみこと)=(神武天皇)
吾平津姫命(あひらつひめのみこと)=(神武天皇の日向での妻)
手耳研命(たぎしみみのみこと)=(神武天皇吾平津姫命の間に生まれた息子)

渟名川耳命(ぬなかわみみのみこと)=神武天皇と五十鈴媛命(いすずよりひめのみこと)との間に生まれた息子で後に2代目の天皇綏靖天皇(すいぜいてんのう)です。

 

(参道)

こちらが参道、ここを昇り森の中を進みます。

 この神社が建っている土地は、大淀川が流れる高台の一角にあり見晴らしがいいです。

f:id:reiwa00502:20210203234117p:plain

f:id:reiwa00502:20210203232418p:plain

f:id:reiwa00502:20210203232448p:plain

参道入り口脇には、1934年(昭和9年)当時の君島清吉宮崎県知事が書いた「聖蹟皇宮屋」がありました。

 1933年に宮崎知事に就任した君島清吉が「記紀」に宮崎が皇祖発祥の地という伝承があることから「神武御東遷二千六百年」にあたるとして皇宮神社に上る入り口に記念の石碑を建にて「聖蹟皇宮屋」と刻んでいます。

ただし風化して石の正面が汚れたり劣化してよく読めません。

 

この森の中には、初代神武天皇が住んでいたという皇居跡があります。

神武天皇の皇居跡について書いたブログ】

  

宮崎神宮公式HPにある皇宮神社記載】

 

宮崎市観光協会公式HPの皇宮神社】

 

【公益財団方針宮崎県観光協会公式HPの皇宮神社記事】

 

<<皇宮神社へ行き方>>

住所:宮崎県宮崎市北方町横小路

f:id:reiwa00502:20210203232702p:plain