日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

ストップアルハラ! 酒の無理強いを避けよう ~アルハラ対策 酒の断り方~

 

f:id:reiwa00502:20210306130826p:plain

 

(酒の強要はアルコールハラスメントです!禁止です!

宴会、・・楽しい席のはずですが、お酒に強くない人にとって お酒を強要されるのは苦痛ですよね。

f:id:reiwa00502:20210306132155p:plain

 (おっさんの苦悩)

今はだいぶ違うと思いますが、おっさんが大学生のころは、一気飲みが流行っていて、たて続けにビール3本を「イッキやれ」と強要されたり、また社会人になった頃は隣に座り長時間「酒飲め―」と強要する嫌な先輩がいました。

しかも悪質なのは、ビールでもウイスキーでもなんでも混ぜたスペシャルブランドを

作り、これを飲め と言ったり、時には、この中にワサビを入れたりするので飲まされるほうにとっては本当に頭が痛いもんでした。。

f:id:reiwa00502:20210306131224p:plain

酒の強要・・本当に困りますよね・・・。

自分のペースで楽しくお酒を飲みたい人や お酒が飲めない人、あるいはあまりお酒に強くない人にとっては、こんな飲み会はなんとも頭が痛いですね。

「上司や先輩から酒を勧められると断れない」、「周りの人たちも飲んでいるので

雰囲気的に自分だけ酒を断わりにくい」とまあ気を使いますよね。

 

(お酒の断り方)

今、当ブログを読んでいる人には、「飲み会と聞くと頭が痛い」「お酒を強要されるのは嫌だ」という人も多いと思います。

はっきりと「私は酒が飲めません」あるいは「酒に強くありません」と言えればいいですが、なかなか言いにくい場合もありますよね

 

そこで、おっさんがつらいアルハラ経験から生み出し、実践して効果があったお酒強要

回避作戦を紹介します。

 

<<おっさんが勧める酒の断り方>> 

(車の運転がある)

酒を勧められたら「車で来たから飲酒運転になるので酒は飲めない」、

「今日はこの後、●●に行く用事ができたので車の運転しなけばならないから

酒は飲めない」 と断りましょう。

車の運転があると知ったうえで酒を進めるのは道路交通法違反という立派な犯罪ですので、この作戦は効果があります。

f:id:reiwa00502:20210306131509p:plain

 

(ドクターストップされている)

痛風がある、肝機能が弱くなっている・・・。色々病気をデッチあげましょう。

特に具体的に「高脂血症」「糖尿」の数値が高く医者にアルコールの飲酒を止められている と言いましょう。

あるいは、「今、軽い胃炎をおこしていてアルコールを飲んではいけない薬を服用しているので、酒は飲みません」

 

嘘をつく罪悪感があるかもしれませんが、酒を飲んで嫌な思いをするよりは 

ウソをついて酒を飲まないほうがいいです。

f:id:reiwa00502:20210306131756p:plain

(酒を飲むと危ない体質)

日頃から「人よりもアルコール分解力が低い体質で昔、酒を飲んで急性アルコール中毒で意識不明になり病院に運ばれ点滴を受けて過ごしたことが何度もある」と吹聴して

おきましょう。

あるいは「アレルギー体質で飲みすぎると全身に蕁麻疹ができ、嘔吐しまくるので

あまり飲めません」と伝えておきましょう。

そうすると、「そんな人には危なくて酒を飲ませすぎるわけにはいかない」と周りが

気を使ってくれます。

 

(脱出する)

酒を強要されそうな雰囲気になったら我慢しているのは精神衛生上よろしくありません。

酒の席で限界点に達したら「気分が悪くなった」「急に腹が痛くなった」など仮病を

使い、酒の席から早退して、おうちに帰りましょう。

「トイレに行く」といいそのまま帰るのもいいです。ただ、そのまま消えちゃうとみんなが大騒ぎして面倒なので、おとなしそうな人に「気分が悪すぎてトイレで吐いて、

もうダメなんでそのまま帰宅する」と伝えておきましょう。

 

(参加しない)

どうしようもないときは急病になりましょう。頭痛になったり、腹痛が起きたり、

ひどい下痢になったり・・・。

あるいは自分以外の人の不可抗力が発生したことにしてもいいです。

具体的には「子供がいきなり熱を出した」「実家の母が具合がよくないから今から帰る」「この日は両親が会いに来る」「母が入退院を繰り返していて、家にいる父親の

サポートをしなければならない」 そんな感じです。

 

<<アルハラはだめですよ>>

何度も言いますが、酒の強要はいけません。

特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)では

飲酒に関連した嫌がらせや迷惑行為、人権侵害をアルコールハラスメント、

通称アルハラと呼んでいます。

具体的には、以下の5項目が「アルハラ」となっています

1.飲酒の強要
飲まざるをえない状況に追い込むこと。集団で酒を飲むことをあおったり、罰ゲームといった形で酒を飲ませること。
「飲めなきゃ社会人としてダメだ」というのもダメです。


2.イッキ飲み
3.酔い潰すまで飲ませる事
4.飲めない人への配慮を欠くこと

酒が飲めない人に飲むことを無理強いすること。飲めないことをからかうのもダメです。
5.酔った上での迷惑行為
酔ってからむこと、悪ふざけ、暴言・暴力、セクハラ、・・すべてだめです

 

 

新年会、忘年会、歓迎会、送別会、花見、月見、コンパ、誕生会…1年を通じてお酒を飲む機会は何回もあります。

 

★今回、紹介した方法は、

アルハラに苦しむ人に紹介して下さい。

楽しく過ごしましょう!!

 

f:id:reiwa00502:20210306131335p:plain