日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

6月5日 東郷平八郎・山本五十六の国葬が行われる

f:id:reiwa00502:20210517194403p:plain


6月5日は、2人の軍人、しかも両人とも元帥、の国葬が行われた日です。

 

その2人は、東郷平八郎山本五十六です。

 

(東郷平八郎

f:id:reiwa00502:20210517192929p:plain

(「近代名士写真 其1」:国立国会図書館ウエッブサイトより)

東郷平八郎は、日本海軍での世界史上例のない完全勝利、しかも大国ロシアに対しての大勝利が有名です。

東郷平八郎は、父が鹿児島藩士。戊辰戦争に従軍し、維新後、1871年明治4年)にイギリス海軍に留学。帰国後、海軍中尉となる。日清戦争では浪速艦長として活躍。日露戦争では連合艦隊司令長官として、自ら作戦を指揮し、バルチック艦隊日本海海戦

全滅させます。

1934年(昭和9年)5月30日午前7時に亡くなり6月5日に日比谷公園国葬が行われました。

 

【東郷元帥について書いたブログ】

 

山本五十六

f:id:reiwa00502:20210517193432p:plain

(山本五十六肖像写真:国立国会図書館ウエッブサイトより)

1904年(明治37年海軍兵学校卒業。海軍大学校卒業後、駐米大使館付武官、空母赤城艦長などを歴任。また、第一航空戦隊司令官、海軍航空本部長として海軍航空部門の強化に尽力した。1939年(昭和14年)に連合艦隊司令長官就任。太平洋戦争では真珠湾攻撃をはじめ作戦全般を指揮。1943年(昭和18年)4月、南方戦線を視察中に、4月18日にブーゲンビル島上空で米軍機に待ち伏せされ撃墜され戦死。元帥を追贈されます。

6月5日には、戦前唯一の皇族、華族ではない、いわゆる平民としての国葬日比谷公園で行われました。

山本五十六元帥について書いたブロ


(お墓が隣同士)

東京の多磨霊園には、東郷平八郎山本五十六の墓が並んで建てられています。

東郷平八郎のお墓に向かって左隣に山本五十六のお墓があります。

この東郷平八郎山本五十六、そして山本の次に連合艦隊司令長官に就任された古賀峯一のお墓は、多磨霊園の“名誉霊域7区特殊”に指定されていて、この3人だけが眠っている特別な場所です。

 

 ・・ということで6月5日は、

東郷平八郎山本五十六国葬が行われた日です。 

f:id:reiwa00502:20210517194419p:plain