日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

6月7日 奇兵隊が結成される!

  

 

幕末の1863年6月7日、奇兵隊が設立されます。

1863年、6月7日、長州藩高杉晋作が藩から下関の防衛を任せられ、

その1つとして奇兵隊を設立します。 

山口県下関市には、奇兵隊結成の地があります。

f:id:reiwa00502:20200423121002p:plain 

 

(白石邸で奇兵隊結成)

奇兵隊が結成される前の5月10日、長州藩が、下関の亀山砲台から関門海峡を通る

外国船に対し砲撃をくわえました。攘夷です。

f:id:reiwa00502:20200601185946p:plain

長州藩の外国船への砲撃について書いたブログ記事】

 

(高杉晋作奇兵隊を設立)

外国船に砲撃した長州藩は、外国軍艦の報復・来襲に備えます。

そこで、高杉晋作が、下関市にある廻船問屋の白石正一郎邸で、身分に因らない志願者で集めた兵隊組織・奇兵隊を結成します。

奇兵隊は、町人や農民など誰でも身分を問わずに参加できる混成部隊で被差別部落

の人たちも取り入れられていました。

武士以外の人を取り込んだ武装組織は当時は非常に珍しい戦闘集団でした。

 

f:id:reiwa00502:20210405160310p:plain

(「近世名士写真」国立国会図書館ウェブサイトより)

 

(奇兵隊結成の地)

 JR下関駅から5分ほど歩いた下関市竹崎町にある中国電力下関営業所の敷地内は、

かつての白石正一郎邸跡地で、かつ奇兵隊結成の地でもあります。

当初は、ここ白石邸に奇兵隊の本陣が置かれていました。

f:id:reiwa00502:20200423122233p:plain

なお奇兵隊が結成された家の持ち主の白石正一郎は、高杉晋作久坂玄瑞坂本龍馬西郷隆盛など、400人もの維新の志士たちを資金面で援助した、明治維新の影の功労者です。

奇兵隊結成の時、白石正一郎は52歳、この時、正一郎は莫大な金銭面の援助のみならず、自身も弟の廉作と共に入隊し,会計係となります。
そして家財をつぎ込みながら経済的な援助を行い、倒幕運動に捧げます。

f:id:reiwa00502:20200423122803p:plain

f:id:reiwa00502:20200423121424p:plain

 

(上海で奇兵隊を思いつく)

高杉晋作は、上海への留学中に清国でイギリス軍と戦っていた民兵をヒントに奇兵隊の構想を思いつきます。

徳川時代の平穏な世の中が続いたことで堕落した武士よりも、強い志を持った庶民の方が頼りになると考えたのです。

また、高杉はこう語っています。「有志の士をつのり一隊を設立し、名付けて奇兵隊と言わん。いわゆる正兵は総奉行の兵なりこれにたいし奇兵とせんと」

幕藩体制下の当時、武士のみからなる正規軍の対義として、「奇兵隊」と名付けたのです。奇兵隊はその後、高杉晋作、山形有朋、赤禰武人が率います。

 

長州藩には、この奇兵隊の他、力士で構成された力士隊、商人で作った足市隊、大工でつくった撰鋭隊、神主で作った神威隊、漁師達で作った遊撃隊も登場します。

 

(赤間神宮に本拠地を移す)

 奇兵隊は、最初は外国艦隊からの防備が主な目的で、その本拠地は下関市白石正一郎邸に置かれました。

やがて、目的が討幕へと目的が変わり、さらに規模が拡大したため、やがて本拠地を

赤間神宮に移します。

f:id:reiwa00502:20190903093003p:plain

赤間神宮について書いたブログはここです】

 また、奇兵隊を金銭面で支えた白石正一郎は、実家の商家が破産した後は

赤間神宮宮司になっています。

 

 奇兵隊など江戸幕府軍を破る)

幕末の1865年、江戸幕府によって第二次長州征伐が行われます。

この時、高杉晋作は海軍総督として奇兵隊をはじめ諸隊の指揮をとり大村益次郎

の戦略のもと江戸幕府軍を撃退します。

しかし、その翌年、高杉晋作は下関で結核のため死去します。

 

 奇兵隊発祥の地近くには、晋作終焉の地もあります)

奇兵隊発祥の地の近くには、高杉晋作終焉の地もあり、歩いて行けます。

おっさんは、晋作の命日にあたる4月14日にお参りに行きました。

高杉晋作終焉の地について書いたブログはここをクリック】

 

山口県観光連盟公式HP 白石正一郎

 

白石正一郎についての本はこれがお勧めです】

 

 

奇兵隊解散)

高杉晋作死後も、奇兵隊の活躍は、江戸幕府討幕に向けて大きな力の1つとなって

ゆきます。

しかし時代が明治になった1869年(明治2年)11月27日、長州藩は、藩内に色々と存在していた小軍隊を解散し、新に常備軍を編成すると発表しました。

これで奇兵隊は解散させられ、わずか6年の歴史に幕を閉じます。

 

(東行庵にある奇兵隊の墓)

高杉晋作の墓がある山口県下関市の東行庵には、晋作が創設した奇兵隊の志士の

お墓もありました。f:id:reiwa00502:20210418202953p:plain

f:id:reiwa00502:20210418204804p:plain

f:id:reiwa00502:20210418205346p:plain

奇兵隊を金銭面で支えた白石正一郎の墓もありました。

f:id:reiwa00502:20210418205501p:plain

 【東行庵について書いたブログはココ】


(櫻山神社の招魂場)

f:id:reiwa00502:20210417190236p:plain

同じく下関市にある櫻山神社には、高杉晋作の発案で命を落とした奇兵隊志士などの

招魂場があります。

f:id:reiwa00502:20210417191618p:plain

【櫻山神社について書いたブログはココ】 

r

 

維新と言う大きな大きな時代のうねりを自ら作り出し

駆け抜けていった奇兵隊

その奇兵隊は6月7日に発足しました。

 

 

<<奇兵隊結成の地・白石正一郎邸への行き方>>
JR下関駅徒歩5分 中国電力下関営業所 横
住所:山口県下関市竹崎町3丁目8-13 中国電力下関営業所

f:id:reiwa00502:20200423123203p:plain