日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

7月4日 第1回 プロ野球オールスター戦第1戦プレイボール

f:id:reiwa00502:20210624122454p:plain


 1951年(昭和26年)7月4日、

甲子園球場で第1回プロ野球オールスター戦の第1試合が

開催されました。

 

(第1回オールスター第1戦)

オールスター戦は、当日午後2時過ぎに試合が始まりました。

試合時間は2時間近く5万人近くの観客が集まりました。

このときの第1戦の観客数・48,671人はオールスターゲームの最多入場者数記録です。

 

前年、日本一となった毎日オリオンズ湯浅禎夫パリーグの総監督、セリーグ

前年セリーグ優勝の松竹ロビンスの監督だった小西得郎勇退したために、2位だった名古屋ドラゴンズの天知俊一が率いました。

 

試合は1対2でセリーグの勝利。

勝ち投手は巨人の別所、負け投手は南海の江藤、MVPは巨人の川上が選ばれています。

 

日本野球機構公式HP 第1回オールスター戦の記事】 


当時の出場選手を見ますと・・セリーグのピッチャーは、金田正一杉下茂、大島信雄、藤本英雄。野手は、川上哲治小鶴誠千葉茂
パリーグでは、ピッチャーが、川崎徳次関根潤三、野手は、別当薫大下弘、飯田徳治、土井垣武さん、蔭山和夫、、、懐かしい名前がありますねえ。

今では、その多くの方が鬼門に入られています。

f:id:reiwa00502:20210624123049p:plain

 

(第1回オールスター戦があった1951年:昭和26年)

この第1回オールスター戦が開かれた1951年(昭和26年)は、日本はGHQの占領下で、朝鮮半島では朝鮮戦争が起きていました。

この年のプロ野球ペナントレースは、セリーグでは巨人が優勝、パリーグでは南海が優勝しています。

そしてセリーグパリーグの覇者が日本1を争って戦う日本シリーズは、この年は「日本ワールドシリーズ」という、わかったようなわからない名称で行われていて、4勝1敗で巨人が優勝しています。「日本」なのに「ワールド」??いったいどっちやねん??

「日本ワールドシリーズ」という名称、これは何なんでしょうか?

結局「日本ワールド・シリーズ」という訳がわからない名称は、1954年(昭和29年)には「日本シリーズ」と改められました。

 

ということで、

7月4日は、第1回プロ野球オールスター戦の

第1戦が行われた日です。

f:id:reiwa00502:20210624123254p:plain