日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

B29乗組員殺害(調布市国領稲荷神社)

f:id:reiwa00502:20210725185914p:plain

太平洋戦争中には、撃墜したB29の乗組員を、一般市民が殺害する事件が各地で起きています。

日本国民は、米英を鬼畜米英だと憎悪を植えこむ教育を受けていたうえに、身内を戦争で失う、あるいは空襲で家や故郷を焼かれるなどしていたため敵国人に恨みを持っていました。

そのため撃墜されたB29から脱出した米兵を市民が見たときに、強い憎悪と殺意を抱き殺害するという事が起きているのです。

 

(国領稲荷神社の惨事)

B29の乗組員殺害は東京でも起きています。

入手した資料には「国領稲荷神社の惨事」と記されています。

なお、この神社は正式な名称がなく「調布稲荷」「小山稲荷」などとも言われています。

f:id:reiwa00502:20210725185814p:plain

 

(B29飛来)

戦争末期の1945年(昭和20年)4月7日、サイパン島から飛来したB29の編隊が、日本軍の戦闘機のエンジンや機体を制作していた中島飛行機武蔵製作所の空襲に向かいます。

B29飛来の情報を受け、日本陸軍飛行第244戦隊は、陸軍調布飛行場から陸軍の三式戦飛燕で迎撃に向かいます。

f:id:reiwa00502:20210725193547p:plain

府中市の白糸台掩体壕に設置されていた看板より】

(飛燕体当たりでB29を撃墜す)

当日午前10時頃、調布上空で1機の飛燕が編隊を組んでいたB29「ティティマウス」の左エンジンに体当たりを行います。この体当たりでB29はエンジンを損傷しキリモミ状態で墜落します。

一方、体当たりをした古波津里英(こはつ さとしげ)少尉は、パラシュートで

三軒茶屋方面に着陸し生還します。

f:id:reiwa00502:20210726111048p:plain

体当たりを受けたB29は墜落途中で空中分解し、バラバラになっった部品が国領の

各地に墜落し、B29の主翼が落ちた河栗さんという民家では家族8人が全員なくなっています。

 

体当たりで撃墜されたB29の乗組員11人は1人を残し死亡しました。

なお別の資料には8人が死亡し3人がパラシュートで脱出したともあります。

生き延びた1人の米兵は、現在の調布市国領、京王線国領駅近くにある國領稲荷神社

付近にパラシュートでおります。ここで取り囲んだ住民たちに殺害されました。

f:id:reiwa00502:20210725190726p:plain

現在、国領稲荷神社には1945年(昭和20年)4月7日に起きた惨事を物語るものは何も

ありません。

f:id:reiwa00502:20210725190954p:plain

 

<<調布国領稲荷神社への行き方>>

京王線国領駅から徒歩10分以内

住所:東京都調布市国領町4丁目

f:id:reiwa00502:20210725193220p:plain

 

この国領稲荷神社で起きたB29乗組員殺害の惨事に関しては、この記事を書いてブログにUPした2021年(令和3年)8月現在、ネット上でほとんど記事を見かけません。

当時の事を知る付近の人の話があるだけです。

戦争で何が起きたかということは、きちんと調べ継承し伝え残していくべきだと思います。

f:id:reiwa00502:20210725190843p:plain