日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

財布を紛失!!! そのときどうする???

 

f:id:reiwa00502:20210819111659p:plain

財布を落とした!! 

そのときどうする!!

何をすればいいの??

 

財布、特にクレジットカードや運転免許証も一緒に入れていた財布を紛失!!

「第3者に使われたらどうしよう」とパニックになりますよね。

おっさんもつい最近、財布をなくしました。

このときの経験を記述しますので、財布を落とされて困っている方、

何をどうすれば良いか、心の持ち方をどうするかなど参考にしてください。

 

(おっさん、不覚にも財布を紛失!!)

先日、おっさんは、コンビニで買い物をした後、どこかで財布を紛失してしまいました。財布が行方不明になったんです。

財布の中には現金3万円程度のほか、マイナンバーカード、クレジットカード2種類、

銀行のキャッシュカード2枚、Tポイントカード・・・を入れていました。

ですから財布が中身ごとなくなると本当に大変です。

 

(数々の不安が頭をよぎる。。)

財布の紛失に気がついたとき頭の中がパニックになりました。

「ああ、どうしよう」「悪い人が拾ってお金を使われたらどうしよう」・・・。 

f:id:reiwa00502:20210819111359p:plain

またクレジットカードも複数入っていたので不安です。

「クレジットカードで手当たり次第買い物に使われたら困る」「運転免許証やマイナンバーカードの再発行は面倒だろうなあ」・・・悪いことばかり頭の中をめぐります。

f:id:reiwa00502:20210819111144p:plain

 

(紛失時の対策)

財布紛失。。そのとき何をしたか。。。

まず落としたと思われるコンビニに行きました。そこで店員に事情を説明し、落とし物の届けがないかを確認しました。

落とし物の届け出はなかったので、お店の許可をもらい、すぐに警察を呼びました。

110番通報をし「私財布を紛失しました。あるいは置き引きかもしれません」と伝えると2人の警察官が自転車に乗ってやってきました。

f:id:reiwa00502:20210819113220p:plain

 

(紛失時クレジットカードの不正利用は防げる!!)

やってきた警察官に財布紛失の事情を説明し、第三者によるクレジットカードの不正利用などお金の心配を相談しました。

すると「被害届を出せば、警察が遺失届受理番号を発行するので、それがあれば紛失期間のクレジットカードの支払いは免除になる」「銀行のキャッシュカードは第3者が使用しても暗証番号を3回間違えればそのカードは使用停止になる」とのことでした。

これで「お金を勝手に大量に使われる」という不安が和らぎました。

 

また「運転免許証は警察が運転免許証紛失・盗難てん末書を出すのでそれがあれば再発行ができる」「マイナンバーカードも市役所に紛失の事情を話せば再発行してもらえる」とのことでした。

・・・うーん。。だいぶ落ち着いてきました。

 

(防犯カメラで確認)

財布をなくしたと思われるコンビニに警察官と一緒に行くと、警察官の1人が店員に

説明をし、防犯カメラの開示を要求してくれました。

f:id:reiwa00502:20210819113713p:plain

お店側がコンビニで買い物をしたときのレシートを出してくれて、そのレシートに買い物をした時間が記載されてあるので、その時間を中心に防犯カメラの映像を見てくれました。

ただし、コンビニの防犯カメラの部屋に行くのは警察官のみで、おっさんは見ることはできませんでした。

 

今の防犯カメラは優秀です。

警察官は、コンビニの防犯カメラで、買い物をしたおっさんが財布からお金を取り出し買い物をし、店を出るまでの一部始終を丁寧に見てくれました。

また動作の途中で何か落とさなかったかなどを確認するために映像を拡大したり、コマ送りで見たり別角度のカメラ映像も見てくれたそうです。デジタルなので画像も鮮明です。

防犯カメラの映像では、おっさんがリックから財布を取り出しレジで買い物をして購入した商品をリックに入れ、レジを離れ店を出て行く一部始終がわかりました。

しかし、それでも財布は見つかりません。

そこで紛失届を出すため警察官と一緒に交番に行きました。

 

(交番で紛失届作成)

f:id:reiwa00502:20210819112418p:plain

交番。。おっさんの普段の生活では全く縁がないもので交番に入るのは初めてです。

交番では席に座り、警察官と対面で一問一答方式で書類を作成します。

住所・氏名・生年月日・連絡先、財布の中身、時間ごとの紛失の経緯を話します。

それを聞いた警察官はパソコンに入力し書類を作成しました。

その書類が印刷されると、おっさんが署名し、警察に提出します。これで紛失届書類の完成です。

それにもとずき遺失物受理番号を発行してくれました。

この番号をクレジットカード会社に告げれば、盗難中の不正使用に対して、その金額は支払わなくてもよくなります。

 

また、交番には銀行のキャッシュカード紛失時に対応する部署の電話番号が「あいうえお順」にならんだ冊子や同様に全クレジットカード会社のカード紛失時の連絡先を書いた冊子がありました。

そこで、おっさんは自分がなくしたカードの番号をメモしました。

 

また、運転免許証の再発行のための手続きもしてくれました。これは、おっさんが所持していた運転免許証に書かれている住所、本籍を告げると書類を作成してくれました。

 この「運転免許遺失・盗難てん末書」があれば運転免許証の再発行ができます。

f:id:reiwa00502:20210819120702p:plain

これで、交番とのやりとりは終了です。

 

あとは、クレジットカードと銀行のキャッシュカードの利用停止・および再発行の電話をかけました。

 

そして、幸運なことに後日、財布は見つかり中身もすべてありました!!

f:id:reiwa00502:20210819112037p:plain

さて、ここでおさらい。

「財布をなくしたとき、どう手を打つか」

①警察に連絡し、紛失届や盗難届を作成

②クレジットカード、キャッシュカードを止める

(各連絡先は交番でわかります)

③遺失物受理番号を発行してもらう

→クレジットカード不正使用時の支払い免除となります

 

警察官は今までこのような財布盗難を何度も処理しています。

とにかく警察を呼んで警察官に相談するのが1番です。

 

財布をなくすと、色々な不安が頭をよぎり パニックになると思います。

この記事がその不安を少しでも解消できたらと思います。

 

【参考:クレジットカードを拾って届けたらどうなるのか】

 

財布をなくしたら、

このブログに書いていることを

参考にしてください!!

 

f:id:reiwa00502:20210830074822p:plain