日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

2月1日 日本で初めての路面電車が走る(京都市)

f:id:reiwa00502:20220124184725p:plain

2月1日は

1895年(明治28年)に日本初の路面電車が走った日です。

 日本で最初の鉄道は新橋・横浜間というのは歴史の授業で学びますが、それは蒸気機関車

一方、日本最初の電気鉄道は京都が発祥です。

京都電気鉄道株式会社が、1895年(明治28年)2月1日に開業し、京都市下京区東洞院通塩小路踏切南側から、京都市伏見町油掛通までの約6.4kmを路面電車として走りました。

現在、それを記念した石碑が2つあります。

 

(京都駅前にある石碑)

まずは現在の京都駅にある石碑。

京都駅烏丸口、住所で言うと東洞院塩小路の交差点南西角に立っています。

京都電気鉄道が日本で初めて電車の運行を始めてから80周年を記念してこの石碑が建てられました。この碑があることで、かってこここを電車が走っていたんだなと感じます。 

f:id:reiwa00502:20220124185043p:plain

よく見ると

f:id:reiwa00502:20220124185131p:plain

f:id:reiwa00502:20220124185227p:plain

 

(伏見にある石碑)

一方、京都・伏見下油掛町の交差点には、鉄道友の会が建てた電気鉄道事業発祥地の

石碑があります。

下記写真の赤丸部分です。

f:id:reiwa00502:20201117215119p:plain

 

(石碑の文字)

ちょうど日差しの具合で見にくくて恐縮ですが、石碑には以下の文字が刻まれて

います。

「我国に於ける電気鉄道事業発祥の地」

「明治廿八年二月一日 京都電気鉄道株式会社は京都市下京区東洞院通塩小路踏切(旧東海道線) 南側から伏見町油掛通まで 電気鉄道を我国において初めて開業した」

f:id:reiwa00502:20201117214744p:plain     f:id:reiwa00502:20201117220037p:plain

 

 (琵琶湖の水力で発電)

1890年(明治23年)、京都では琵琶湖疏水を利用した水力発電所が 完成します。

その水力発電が生み出す安定的でしかも安価な電力が路面電車の運転には使用される

ことになります。

1894年(明治27年)、明治政府にとっての初めての本格的な対外戦争となる日清戦争が起きるこの年の2月1日に、電車敷設の事業を行うために京都電気鉄道が設立されます。そして1年後の1895年(明治28年)2月1日に、東洞院塩小路下ル-伏見下油掛間を開業させます。距離は約6.4km、定員16人でした。

これがわが国における初めての電気鉄道です。

f:id:reiwa00502:20220124185323p:plain

 

(日本初の電車は上野)

そもそも電車の日本初お目見えは1890年(明治23年)で東京・上野で第3回内国勧業博覧会が開催され、そこで登場しています。

その電車は、アメリカから持ち込んだ電車でした。

商業的なレベルとは程遠く、上野公園の中にある450メートルほどのレールをしいて

公開したのがその始まりで、その電車の速度は人間が走るよりも遅かったそうです。

 

(姿を消した日本初の路面電車

1895年(明治28年)に開業し、京都市下京区東洞院通塩小路踏切南側から、京都市伏見町油掛通までの約6.4kmを走った日本初の路面電車は、その後ですが、1918年

大正7年)に 京都市電に買収され, 市電伏見線として利用されます。

そして1970年(昭和45年)4月1日に廃止されました。

 

【京都観光オフィシャルサイトに記述された電気鉄道発祥の地碑】

 

<<京都駅前にある電気鉄道事業発祥地碑への行き方>>

JR京都駅徒歩3分

住所:京都府京都市下京区東塩小路町

f:id:reiwa00502:20220124185506p:plain

 

<<伏見の電気鉄道事業発祥地碑への行き方>>

京阪本線中書島駅」で下車。徒歩約15分

住所 京都市伏見区下油掛町(竹田街道)

f:id:reiwa00502:20201117215822p:plain

 

・・ということで2月1日は

日本で初めての路面電車が走った日です。

f:id:reiwa00502:20220124190630p:plain