日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

4月22日 マンガ・サザエさん新聞に登場!!

 

f:id:reiwa00502:20211011184704p:plain

         【サザエさん発案の地看板より引用】

 

終戦の翌年・1946年(昭和21年)4月22日、正確に言うと終戦からわずか8か月の

この日、九州・福岡の新聞に1つの4コマ漫画が掲載されました。

長谷川町子作の「サザエさん」です。

終戦から8か月。。セリフがカタカナなのが時代を感じさせます。

 

このサザエさんの第1回の作品は、今も福岡市西新にある「サザエさん発祥の地」に

ある看板で公開されています。

 

(疎開先の福岡で発案)

戦前、上京し、大人気だったマンガ「のらくろ」の作者の田川水泡の弟子となった

長谷川町子は、わずか15歳で本格的な女流漫画家としてデビューします。

しかし太平洋戦争末期の1944年(昭和19年)に空襲が激しくなることから首都東京から

福岡に疎開します。

戦争も終わり、そのまま福岡にいた長谷川町子は、福岡で新聞のマンガ活動の依頼を

受けます。

そして自宅から近いももち浜を散歩した際に、海にまつわる登場人物の漫画を思いついて、サザエさんが生まれます。

その様子は、福岡市の「サザエさん発祥の地」にある看板に紹介されています。

f:id:reiwa00502:20211011190009p:plain

【上記2つともにサザエさん発案の地に掲げられていた看板より引用)】

 

ここに書かれている妹は、長谷川洋子さんで、のちに姉妹社の経理を担当します。

f:id:reiwa00502:20211011184001p:plain

 

サザエさんが登場した1946年・昭和21年はどんな時代だったか?)

サザエさんが登場した1946年(昭和21年)。どんな年だったのか見て見ます。

終戦の翌年、日本は史上初の外国の占領下になっています。

1月1日、元旦には天皇人間宣言が出され現人神から人間・天皇になります。

そして、この年は、農地改革が始まり、極東軍事裁判(東京裁判)も始まり、

11月には日本国憲法が公布される、そんな民主主義の足音が聞こえた時代です。

 

(福岡市西新3丁目にあるサザエさん発祥の地)

サザエさん」の発祥の地碑は、福岡市営地下鉄 西新駅から海方面=北西に600m進むんだ「よかトピア通り」の“西新通り”交差点の南西角にある磯野広場です。

ここに,2007年(平成19年)に磯野広場が造られ,記念碑が建立されました。

ここにはサザエさん、妹のワカメ、弟のカツオの像があります。

f:id:reiwa00502:20211011190443p:plain

 

(その後のサザエさん

やがて長谷川町子は東京に戻り、姉の毬子と姉妹社をつくり、1947年(昭和22年)

1月1日に単行本のサザエさんを発行します。このサザエさんの文庫本は全68巻発行されました。

この毬子さんが1979年(昭和54年)のNHK朝ドラマー姉ちゃんです。

さらにサザエさんの漫画を再開します。

このときは、サザエさんは結婚し、夫のマスオさん、長男のタラちゃんを含めた7人家族でスタートします。

夕刊フクニチで始まった、漫画:サザエさんは、朝日新聞と移籍し1974年(昭和49年)まで 合計6477回連載が続きました。

1969年(昭和44年)からはフジテレビでのアニメ放送が始まりました。

そして992年(平成4年)、サザエさんの作者:長谷川町子は、漫画家として初めて国民栄誉賞を受賞します。

f:id:reiwa00502:20211011190554p:plain

 

(この本お勧め!!)

サザエさん誕生ストーリーを書いた「サザエさんうちあけ話」という本があります。

これは、1979年(昭和53年)のNHK朝ドラ「マー姉ちゃん」の原作ですが、これが面白いですよ。

サザエさん誕生、そしてその後の話しが面白く書かれています。

これ。まじ面白い!!

 

<<サザエさん発祥の地に行くには>>

福岡市営地下鉄西新駅から海方面に徒歩15分程度
住所:福岡県福岡市早良区2

 

 

・・・というわけで4月22日は

マンガ・サザエさんが新聞にデビューした日です

f:id:reiwa00502:20211011190706p:plain