日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

SKDに入ろう!!

f:id:reiwa00502:20220314155437p:plain

 

君もSKDに入ろう!!!

 

(1990年、おっさんが発案!)

SKD・・・いきなり来たら何のことかわかりませんよね

一世を風靡したあの歌劇団の事ではありません。

おっさんが社会人になった時に作ったグループです。

 

SKD=速攻帰宅同好会。

その頭文字、すなわち、速攻の、帰宅の 同好会のを並べたらSKDです。

 SKDの定義は、勤務時間になったら、一目散に会社を出る これです!


(SKD結成の背景)

おっさんは1990年(平成2年)に社会人になりました。

今みたいに、ワークライフバランス働き方改革もない時代、大正製薬が発売した栄養ドリンク・リゲインの「24時間戦えますか」や「過労死が海外でKAROUSHIと通用した」時代です。

まだまだバブル時代の勢いがあり、さらに上司2人が単身赴任と家庭崩壊で、仕事仕事の日々。定時に帰るなんてことはできず、早くて夜8時半、仕事が立て込んだときは

日付が変わったり、明け方なんてこともありました。

たまに奇跡的に早く帰れそうになっても、家庭崩壊の上司が待ち構え「もう帰るの?飲みに行こう」と誘われ、「人の悪口をさんざん聞かされたうえで、飲み代は割り勘」というハードな状態でした。

 

そんな生活を数か月体験していくうちに「これは命を削りながら働いている。このままじゃいかん」と考えていると、同じように考えている同期が数人いました。

「定時退社」では、言葉にインパクトがありません。

そのとき、ひらめきました。

SKD=速攻帰宅同好会。

そこで、おっさんが音頭を取りSKDを結成しました。

 

(知恵と工夫でSKD!!)

SKDは、「用がないときは勤務終了時間になるとすぐに職場から消える」のです。

ポイントは

・明日以降できる仕事は今日やらない

・静かにフェードアウトする

 

脱出作戦も練りました。

普通に職場を去ると上司に止められる可能性があり、それはまずいので、事前に荷物を会議室などの職場ではない場所に置きます。

そして、勤務終了時間になると 手ぶらで職場を出て、途中で荷物をキャッチしてすぐに職場を離れました。

あと、よく使ったのが

事前に「今日は親が来るから定時で帰ります」

「取引先とあって直帰します」

と宣言するもの、これもアリです。

 

おっさんがSKDを結成して30年。。。

最近はワークライフバランス働き方改革で、定時退社がしやすくなりました。

おっさんの友人で地方の市役所につとめる人は5時の就業時間が近づくと机の片付けをはじめ、4:57分くらいに階段をおり5時になった瞬間にタイムカードを押し、職場を去るそうです。

さすがにここまでは徹底できませんが、これは理想形です。

 

(早く帰ろうよ!!)

日本だと「残業する奴は頑張っている→偉い→仕事ができる人」というイメージが根強いですが、海外では「残業する人=無能」という風潮があります。

残業はなるべくやめましょう。。速攻で帰りましょう。

おっさんはおうちが好きで、家でのんびりテレビを見たり本を読んだり、気が合う仲間と酒を飲んだりカラオケをして騒ぎたいのです。

f:id:reiwa00502:20220314160430p:plain

 

(みなさんもSKDに入りましょう!)

人生は長いように思えても短いです。

会社以外にやりたいことがありますし、会社だけの仕事人間だと寂しすぎます。

みなさん、SKDに入り、ソッコー帰宅して

自分の時間を有意義に過ごしましょう。

SKD加入条件はありません。

是非どうぞ!!

f:id:reiwa00502:20220314155114p:plain