日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

2022年(令和4年)8月9日(火) 原爆投下から77年目の長崎を訪問!

広島に人類史上初の原子爆弾が投下された3日後の1945年(昭和20年)8月9日、
長崎市原子爆弾が投下されました。

今のところ、人類史上、
戦争で核兵器が使用された最後の日と
なっています。

そこで原爆投下から77年目となる
2022年(令和4年)8月9日(火)長崎に
行きました。

 

(当時の長崎は九州第3の都市)

戦前、長崎市は造船、鉱業が主力産業で三菱財閥企業城下町として栄えていました。1940年(昭和15年)の調査では人口が25万を超えで全国11位、九州では福岡市、八幡市八幡製鉄所があった)に次ぐ3番目の大都市でした。

この長崎市に米軍が投下した原子爆弾のコードネームは「ファットマン(ふとっちょ)」です。
下の写真は長崎平和祈念公園に飾られていた原爆のキノコ雲の写真です。

たった1発の原爆で 当時の長崎市の約7万4千人が死亡し、爆心地から半径2キロは焼け野原、30%を超える建物が全焼または全半壊したといわれています。

長崎市のHPによると、「長崎に投下された原子爆弾は、長崎市松山町171番地の上空約500mで爆発しました。原子爆弾が爆発した瞬間の爆発点の温度は摂氏数百万度に達し、爆発からの1万分の1秒後には約30万度の火球を形成したと推定されています。また、火球は爆発1秒後には最大となり、半径約240mまで膨張し、爆発直後の爆心地の地表の温度は、約3,000~4,000度に達したと推定されています」・・・と記載されています。

 

下は長崎原爆周辺地図です。

 

(長崎の原爆落下中心地碑)

有名な平和祈念像から少し歩いたところに原爆落下中心碑があります。
この地点の上空、高度約500メートルの地点で、原子爆弾が爆発しました。

77回目の日という事でたくさんの千羽鶴が飾られていました。

この爆心地には「長崎原爆落下中心地」と書かれています。
被爆者の何人と話をしたときに、原爆は米軍が故意に落としたわけで、自然に落ちた
わけではないので、ここは、「落下」ではなく「投下」とすべきだと指摘を受けました。そうですね!


平和公園
有名な平和祈念像があり毎年、長崎平和祈念式典が開かれるのが平和公園です。公園内には長崎刑務所浦上刑務支所がありました。
ここは爆心地から最短100メートルの距離にあったため、原爆で、庁舎と塀が一瞬に
崩壊し、周囲は瓦礫の山となり炊事場の煙突1本だけが残りました。
被爆時、刑務所内には職員18人、官舎住居者35人、受刑者および被告人81人(中国人32人、朝鮮人13人)の計134人がいましたが全員が死亡しています。

 

また、平和公園の噴水にはこのような文字が刻まれた石碑があります。

その噴水のすぐ近くには有名な長崎の鐘があります。

 

平和祈念像

平和公園にある平和祈念像。TVでおなじみの像ですが「平和記念」ではなく「平和祈念」、平和を祈る 祈念の像です。

高さ9.7メートル、重さ30トン、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いがあるそうです。
毎年8月9日の長崎原爆の日には、この像の前で平和祈念式典が開催されています。

 

(平和公園入口の防空壕

平和公園と爆心地を結ぶエスカレーターのすぐ横に防空壕がありました。

爆心地のすぐ近くにあったため、この防空壕に避難した方々の多くが蒸し焼け状態で
亡くなったそうです。

 

<<平和公園への行き方>>

JR長崎駅前から路面電車平和公園」下車 

住所:長崎県長崎市松山町

 

(長崎と広島に落ちた原爆は、違う種類)

広島に落とされた原爆は、「リトルボーイ」は、ウラン235を使用しTNT換算で約15ktの破壊力。 長崎に落とされた原爆は「ファットマン」は、プルトニウム239を使用しTNT換算で約22ktの破壊力。
つまり、長崎原爆のほうが広島の原爆より破壊力が強力だったのです。

 

長崎原爆の爆心地から南東約900mの場所の高台には、原爆によって片方だけ柱が残った山王神社の一本柱の鳥居があります。原爆の破壊力が伝わると思います。

f:id:reiwa00502:20210730120734p:plain

 

<<一本足鳥居の行き方>>

路線バス:路面電車「大学病院停留所」下車 徒歩5分

住所:長崎市坂本2丁目5-6

 

(当初の原爆投下目標は小倉)

当初、8月9日の原爆投下目標地は、福岡県の小倉でした。
ここには西日本最大規模の軍事工場群の陸軍の造兵廠がありました。
しかし、視界不良(当時は目視で原爆投下のため)、米軍機の燃料不足など様々な事情で、小倉投下をあきらめ、第二目標の長崎への投下となりました。
現在、福岡県北九州市小倉北区にある勝山公園には、「原爆犠牲者慰霊平和祈念碑」が作られています。

f:id:reiwa00502:20190711130504p:plainf:id:reiwa00502:20190711130909p:plain

なお、太平洋戦争当時の小倉の様子はこちらのブログを読んでください↓

 

(原爆投下は国際法違反)

原爆が投下された当時、非戦闘員の殺傷を目的とした攻撃を禁じるハーグ陸戦条約が
あり米国も日本も批准しています。

・・ということで一般市民を大量殺戮した原子爆弾の投下は、立派な国際法違反です。しかし、米軍は戦勝国なのでその罪には問われていません。
東京裁判で、この件が出ましたが不問となりました。

このような惨劇をもたらした原子爆弾
国際法違反はです。

詳細は下をクリック


  【長崎市 平和・原爆関連HP】

 

 8月9日は今のところ、

人類史上、戦争で核兵器が使用された最後の日

となっています。