日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

40台のクラシックカーが九州北部を駆け巡る!クラシックジャパンラリー2022スタート!

2022年(令和4年)11月24日(木)
40台のクラシックカー
福岡県北九州市門司港駅前に集合!
そして12時、
北部九州1周レースにスタートしました!

今回配布されたパンフレット、これがまたおしゃれなデザイン。

 

門司港駅にズラリと並んだクラシックカー40台!)

クラシックジャパンラリー2022のスタートは2022年(令和4年)11月24日(木)正午。
レース開始前の2時間には、スタート地点の門司港駅前広場に、参加する40台のクラシックカーがずらりと勢ぞろいしていました。

1914年(大正3年)に作られた当時の姿の門司港駅クラシックカー・・絵になります。

今回レースに出場するのは、1920年代から1970年代のクラシックカー40台。

ゼッケン8番は1926年製、日本では大正15年から昭和元年です。渋い・・。

ゼッケン11番は1935年製。昭和10年ですよ。

1920年代から70年代のクラシックカーがナンバープレートを付け21世紀令和の時代の今もちゃんと走るんです。

博物館でもこの数のクラッシックカーは、こんなにはそろいません。

 

(正午門司港駅前をスタート)

正午になり、ゼッケン0番の車から40番まで順番にスタート。

門司港駅前広場から公道に、そして高速道に入ります。クラシックカーが高速道を走るんですよ!!

公道をクラシックカーが駆け抜ける!!

(4日間で1000キロを走る!)

このラリーは、福岡県北九州市門司港駅をスタートし、公道を走り4日間をかけて
北部九州を走りを周るレースです。全行程は1000キロメートルです。

コースは、大分県に入り宇佐、別府を通り熊本県阿蘇、山鹿にと進み、フェリーで有明海を渡り対岸の長崎県雲仙、西海、佐賀県有田、嬉野、古湯そして福岡県の福岡市、宗像市をまわり門司港駅に戻ってきます。クラシックカーがすべて公道を走ります。

区間ごとに設定されたタイムと実際に走ったタイムの誤差をみて、運転の正確さを競います。

【引用:大会パンフより】

 

【クラッシックジャパンラリー2022門司 公式HP】


一般の公道を走るクラシックカー
実にいいものでした。

ずらりと並んだ100年近く前のクラシックカー
いいもんでした。