日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

実録:七美茶を飲んで週末プチ断食をやってみた。

減量挑戦中にもかかわらず
体重がなかなか減らないおっさんは、
評判がいい七美茶を飲みながら
週末にプチ断食をしました。
その推移を紹介します。

※今回は、おっさんの個人的体験談であり、医学的根拠もありません。
当然、全員に同じ効果が出るものでもありません。
単なるおっさん個人の体験談としてお読みください。

 

【まずは開始時:12月2日(金)19時半の体重】

2022年(令和4年)12月2日(金)19時半。
身長174センチ、適正体重68キロ

19:30の体重は75.0キロ(手に持ったアイパッド込み)


今回、週末プチ断食は、
2022年(令和4年)
12月3日(金)昼食後から

12月4日(日)昼食まで
行いました。


(期間中に飲んだもの)

プチ断食期間中に飲んだのは七美茶です。

七美茶は、漢方屋が作ったお茶で、有機ルイボス・ごぼう・黒豆・玄米・甜茶ローズヒップ・ゴールデンキャンドルという7種が入った100%自然食物由来の煎じ茶です。
つまり食物繊維が豊富で無添加、ノンカロリー、ノンカフェインです。

 

(ゴールデンキャンドル)

この七美茶に配合されている「ゴールデンキャンドル」に関して、2014年(平成26年)に国民生活センターから「ゴールデンキャンドルに含まれているセンノシドという成分には、下剤と同じような成分が含まれている」と発表されました。

 

一方、七美茶を販売するエソラ漢方本舗によると「第三者機関の分析試験結果においてセンノシドが検出されないことを証明されている」という試験結果が公表されています。

◆引用:エソラ漢方本舗のHPより一部抜粋◆

 

ゴールデンキャンドルは、飲み続けると耐性が生じ効果は次第になくなっていき、最終的に効かなくなってしまう恐れもあります。
ですから短期使用にとどめた方が良いと思われます。

使用に関して、不安や疑問を感じたら
医者に相談して下さい。

 

さて、七美茶を煎じて飲んでみましたが、味は可もなく不可もなし。
飲んだあとも、下痢が起きることもありませんでした。

【七美茶は楽天で購入できます】

 

(期間中の食事)

七美茶以外に食事もしました。

今回、不思議に「腹が減って困る」という体験はありませんでした。
しかし何も食べないのは身体によくないので今回は、毎回決まった時間に食べるのではなく、食欲が出たら食べるようにしました。ですから全くの食事を口にしない断食ではありません。

今回、プチ断食用に以下の食品を用意しました。(全部食べたわけではありませんよ)
まずヨーグルト

納豆

いわしの缶詰です。

 

(体重の推移)
では、体重の推移を見てみましょう。

【開始時:12月2日(金)19時半75・0キロ】
夕食軽くヨーグルト1箱とイワシの缶詰2個

19:30の体重は75.0キロ(手に持ったアイパッド込み)

 

【一夜明けて翌12月3日(土)】

朝食食べず
朝9時 体重73.3キロ(アイパッド込み)

 

【12月3日(土)】

軽い夕食(イワシ缶詰2個、ヨーグルト1箱)を食べた後

19時半 74・0kgアイパッド込み:前回同時間-1kg)

七美茶による下痢感も、食事減量による空腹感もなし。

 

【12月4日(日)】

朝食なし 
朝9時 73.1Kgアイパッド込み:前回同時間-0.2Kg)

七美茶のせいか、便がゆるい。
空腹感はなし。

 

軽めの夕食(海鮮丼)を食べた後

21時半 73.8kgアイパッド込み:前回夕食後-0.2kg)
確かに2日前の75キロから73.8キロなので1.2キロ減少。

 

【12月5日(月)】

朝食なし 
朝9時 73.2
Kgアイパッド込み:前回同時間 +0.1Kg)
七美茶のせいか、便がゆるい。
空腹感はなし。

 

(週末プチ断食終了)

週末プチ断食、これにて終了。

では、この期間の朝一番の体重の推移を見て見ます。

2022年(令和4年)12月3日(金)昼食後から12月4日(日)昼食までプチ断食をして、体重は以下の通り。
(体重は、朝1番の測定でアイパッドを引いた数値です)

確かに前後では体重が落ちてます。

 

食べる量を減らしたので体重が減るのは当たり前。
問題は、日常生活に戻り普通に食事をするようになった場合、
リバウンドをどうするかですね

 

また、肝心の七美茶の効果はどうでしょう?
たしかに便通は良いので、
身体の中をすっきりしてくれたと思います。

 

※今回は、おっさんの個人的体験談であり、医学的根拠もありません。
当然、全員に同じ効果が出るものでもありません。
単なるおっさん個人の体験談としてお読みください。