日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

8月4日はビアホールの日

f:id:reiwa00502:20210722195812p:plain

 

8月4日はビアホールの日

 

暑い時期です。こんなに暑いときはキンキンに冷えたビールはいいもんです。

さて、1899年(明治32年)8月4日、東京の一等地である銀座に、ビアホールチェーンの「銀座ライオン」を経営する株式会社サッポロライオンがビアホール「恵比壽(ヱビスビヤホール」一号店が開店し創業させます。これは、現在ある銀座ライオンの前身です。

 

(モダンな作りのビアホールは連日満員の大繁盛)

 この店は、新橋から銀座通りにすぐ入った煉瓦造りの建物の2階にある35坪のお店で、入口から向かって左側にカウンターを設けニッケル製のスタンドを作り、床はリノリウム張り、イスやテーブルはビールの樽材でつくられていました。

また酒器はガラス製のジョッキでした。店の設計は工学博士である建築家の妻木頼黄氏に依頼し、奇抜な設計にしてもらったそうです。


当時、蕎麦(もり・かけ)1銭8厘、コーヒー2銭、日本酒(上等酒)1升25銭3厘でと言う値段で売られている中、このビール500mlは10銭と高級品でした。

また、紡績会社で働く女工さんの日当が20銭と言う記録があります。

ですからビールを1リットル飲めば女工さんの日当分になるという事です。

高額です!!

しかし、高額にもかかわらず、恵比壽ビヤホールは何時でも満員御礼で、毎日売切れが続くほど繁盛していました。

1日の来客数は平均800人、遠方から馬車でやってくる人もいたそうです。 

f:id:reiwa00502:20210722203523p:plain


サッポロライオンが創業100周年に制定)

サッポロライオンが1999年(平成11年)に創業100周年を迎えたことを機に、創業日で

ある8月4日を“ビヤホールが誕生した記念日”=「ビヤホールの日」として制定しました。

この銀座のライオンは、おっさんも何度か行った事があります。

ゆっくりした雰囲気が好きです。

羽田空港にもあり飛行機に乗る前によく飲んでいます。

銀座ライオン公式HP】


(日本最古のビアホールは「アサヒ軒」)

実は、「恵比寿ビアホール」よりも前にビアホールは存在しています。それは1897年(明治30年)7月20日に当時の大阪麦酒株式会社(現在のアサヒビール)が大阪中の島に

開店した「アサヒ軒」です。

この店はビールと洋食を提供する店で、この店が国内最初のビアホールと言われています。

 

(ビアガーデンとビアホールの違い)

“ビアホール”と“ビアガーデン”、よく混同しそうですので、ここで整理。

ビアガーデンは“屋外”、ビアホールは“屋内”にあり、季節を問わずに営業しています。

 

 

おまけ!!

ストップアルハラ!!お酒の強要を防ぐ方法!!

f:id:reiwa00502:20210723162912p:plain

お酒は楽しんで飲むべきです。無理な強要は避けたいのですが、もしそうなったら・・・そのときのおっさん式対策をまとめたブログ記事がここです。

お酒が苦手な方は参考にしてください。

 

・・・とうことで8月4日はビアホールの日です。

f:id:reiwa00502:20210722203654p:plain