日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通のおっさんが、パワースポットや史跡・戦績をめぐり運気を上げ「人生大逆転」を狙う。「充実した人生を目指す」現在進行形のサクセスストーリーブログ!みんなも 旅行に出かけるときの参考にして下さい!!

1月23日 龍馬襲われる!!寺田屋遭難

 

f:id:reiwa00502:20210105091900p:plain

 

1月23日は、

江戸時代末期の1866年、

旅館の寺田屋に宿泊中の坂本龍馬が伏見奉行所に襲われ、命からがら脱出する「寺田屋遭難」が起きた日です。

 

寺田屋は今も営業中)

f:id:reiwa00502:20201118175043p:plain

寺田屋は京都の伏見にある旅館で、京阪本線中書島駅から歩き京橋をこえて右折すると見えます。

寺田屋」と書かれた提灯が目につきます。

この 寺田屋は今も宿屋として営業していて予約をすれば宿泊もできます。

 なお、寺田屋は1866年に起きた鳥羽伏見の戦いで燃えてしまいます。

現在の建物はその後に再建されたものです。

 

(龍馬遭難)

寺田屋の横には「坂本龍馬遭難」の石碑があります。

f:id:reiwa00502:20201118175811p:plain

f:id:reiwa00502:20201118175942p:plain
1866年1月23日、京都で薩長同盟の成立させた坂本龍馬は、長州の三吉慎蔵らと共に

京都伏見にある寺田屋の2階に宿泊していました。

そして深夜2時頃、寺田屋は幕府の伏見奉行の30人ほどに取り囲まれます。

入浴中だった龍馬の妻・お龍が、その状況に気付き、浴衣一枚を羽織り、

龍馬たちに危機を知らせました。

すぐに伏見奉行所が建物にい押し入り、龍馬は、高杉晋作からもらった銃、

三吉はヤリで応戦したあと寺田屋を脱出します。

その時に逃げた道が、現在の竜馬通り商店街です。

f:id:reiwa00502:20201115200239p:plain

 

龍馬は重傷を負いますが、三吉慎蔵が龍馬を肩にかけて夜道を逃げ回り、

濠川(ごうかわ)にかかる大手橋そばの材木小屋を見つけて、

ここに龍馬を隠します。f:id:reiwa00502:20201208185811p:plain

寺田屋で襲撃を受けた龍馬が隠れた材木小屋について書いたブログはココ】

 

三吉は、龍馬を隠した後、近くにあった伏見の薩摩藩邸に駆け込み助けを求めます。

その後、知らせを聞いた薩摩藩は川船を出して龍馬を救出します。

 救出された龍馬は、薩摩藩邸にかくまわれ治療を受けます。

そして回復したのちお龍さんと船で鹿児島に向かいます。

これが日本初の新婚旅行と言われています。

 

f:id:reiwa00502:20201208205726p:plain

龍馬とお龍さんが薩摩へと旅立った伏見京橋船着き場には2人の銅像があります。

f:id:reiwa00502:20201205140818p:plain

【龍馬の新婚旅行出発地について書いたブログはココ】


寺田屋周辺の位置関係は、下の地図を参照して下さい。30分もあれば全部見れます。

f:id:reiwa00502:20201208233748p:plain

 

寺田屋に残る龍馬関係)

f:id:reiwa00502:20201118175640p:plain

寺田屋には龍馬関係の物があります。

f:id:reiwa00502:20201118180120p:plain

f:id:reiwa00502:20201118180235p:plain

f:id:reiwa00502:20201118180340p:plain

 

(ここで整理)

幕末史には京都に似たような名前の宿が出てくるので、ここでおさらい。

池田屋1864年7月8日、新撰組長州藩士など尊王攘夷の志士を殺害した宿

寺田屋:1866年1月23日、坂本龍馬が襲撃を受けた宿

近江屋:1867年11月15日、坂本龍馬中岡慎太郎が殺害された宿

 

(龍馬の命日に龍馬祭)

2020年(令和2年)11月15日、坂本龍馬の命日にあたるこの日、寺田屋でもイベントがあり、おっさんは参加してきました。

【龍馬祭について書いたブログはココ】

【京都観光協会公式HPの寺田屋

 

<<寺田屋への行き方>>

京阪電車本線 中書島駅 下車徒歩約5分

住所 京都市伏見区南浜町263

f:id:reiwa00502:20201118175533p:plain