日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

掩体壕 大沢1号(東京都三鷹市 武蔵の森公園内)

 

f:id:reiwa00502:20210725134600p:plain

調布飛行場の東隣にある武蔵の森公園。

住所で言うと三鷹市です。

この公園の中に、太平洋戦争中に作られた掩体壕が今もあります。

今回はその1つ。大沢1号を紹介します。

 

掩体壕・大沢1号)

調布飛行場は、太平洋戦争中は陸軍の飛行場でした。

調布飛行場は1938年(昭和13年)に計画され、1939年(昭和14年)に着工。

1941年(昭和16年)4月に南北方向1000mと東西方向700mの2本の滑走路が完成します。

太平洋戦争末期に米軍の本土空襲、特に帝都空襲が本格してきます。

そこで陸軍調布飛行場の周辺には、空襲から戦闘機を守るために飛行機の防空壕掩体壕が作られました。

今の地図だと、大沢1号は、調布飛行場のすぐ隣にあります。

下の地図で赤丸で囲んだ部分です。

f:id:reiwa00502:20210726141536p:plain


これが、今もその姿を残す掩体壕の大沢1号です。

f:id:reiwa00502:20210725134909p:plain

上記の写真を見てわかるように掩体壕の入り口は閉ざされて、正面側には格納されていた陸軍の戦闘機・飛燕の絵が描かれています。

f:id:reiwa00502:20210725135514p:plain

 

f:id:reiwa00502:20210725142035p:plain

下の写真は1945年(昭和20年)調布飛行場から飛び立つ飛燕です。

機体の日の丸に白い四角で覆われているのは、本土防空機と言う意味を示します。

f:id:reiwa00502:20210726111048p:plain

f:id:reiwa00502:20210726112211p:plain

 

(飛燕の模型も)

大沢1号のすぐ近くには実物の10分の1の飛燕の模型が置かれています。

f:id:reiwa00502:20210725135100p:plain

 

この模型で、飛燕が大沢1号に格納されていた姿がイメージできます。

f:id:reiwa00502:20210725135402p:plain

f:id:reiwa00502:20210725135432p:plain

 

 掩体壕・大沢1号の道路を挟んだ向かい側は、調布飛行場の敷地です。

f:id:reiwa00502:20210725141209p:plain

 

三鷹市役所公式HP 掩体壕紹介】


 

<<掩体壕 大沢1号への行き方>>


住所:東京都三鷹市大沢6-11-20 武蔵野の森公園

 【この地図の左下にある四角い写真をクリックすると航空写真に変わります

 

戦後半世紀以上経過しても首都東京に残る掩体壕

是非ご覧ください

 

f:id:reiwa00502:20210725135632p:plain