日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

北九州市役所にある東京五輪聖火リレートーチ

f:id:reiwa00502:20211124105631p:plain

この前、北九州市役所に行ったとき、1階の入り口のすぐ横に五輪・パラリンピック

聖火リレーで使われたトーチが飾られていました。

こちらが北九州市役所です。

f:id:reiwa00502:20211124110621p:plain

玄関の左側にコーナーがありました。
f:id:reiwa00502:20211124110548p:plainf:id:reiwa00502:20211124110521p:plain

 

(今年の夏は東京五輪がありました)

2021年(令和3年)の夏は、東京でオリンピックが開催されました。

ほんの3ヶ月前の事です。

東京オリンピックパラリンピック開会式を前に、日本各地で聖火リレーが駆け巡りました。

この展示は、東京オリンピックパラリンピックを振り返ろうと北九州市が企画したもの、両大会の聖火リレーで使われたトーチが、聖火ランナーのユニフォームと一緒に

北九州市役所に展示されています。

 

それぞれのトーチは、長さが70センチ余り。

オリンピックのトーチは日本人になじみの深い「桜」をモチーフとした「桜ゴールド」。

f:id:reiwa00502:20211124110048p:plain

 

一方、パラリンピックのトーチは「桜ピンク」色です。

f:id:reiwa00502:20211124110304p:plain

 

これらのトーチの素材の一部には、東日本大震災仮設住宅で使われていたアルミが

再利用されています。

f:id:reiwa00502:20211124110428p:plain

 

(開催地東京でトーチを触る)

なお、聖火のトーチは、2019年(令和元年)7月29日に東京新宿にある東京都庁で公開されたときに見に行き、実際に手に取りました。

このときは、辛抱強く並んでメダルも見てきました。

f:id:reiwa00502:20211122173006p:plain

【五輪メダル及びトーチを見たときのブログはココ】

この聖火トーチは11月30日までは、北九州市役所の1階市民ホールで展示中です。

その後、戸畑区役所、小倉北区役所、小倉南区役所、若松区役所、八幡東区役所、

八幡西区役所、門司区役所という順番で、来年3月まで巡回展示される予定です。

北九州市役所HP 聖火トーチ巡礼展示】

f:id:reiwa00502:20211124110736p:plain