日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

鎌倉殿の13人 第3話「挙兵は慎重に」

 

f:id:reiwa00502:20220128111922p:plain

2022年(令和4年)のNHK大河ドラマは「鎌倉殿の13人」。

1月23日に放送されたのが第3話「挙兵は慎重に」

この回の舞台は、平家が天下を取っていた平安時代末期の1180年です。

 

(第3話ストーリー:

安徳天皇即位、後白河法皇幽閉、以仁王挙兵)

平清盛後白河法皇を幽閉し、娘の子=孫の安徳天皇を即位させます。

ちなみに安徳帝はこのときまだ1歳3か月。

この安徳帝は、母方の祖父が平清盛、父方の祖父が後白河法皇という素晴らし家系です。

安徳天皇の家系に関しては下をクリック】

可愛い安徳帝。そして伊豆にも、もう1人可愛いお子様がいました。

源頼朝と政子の間に誕生した長女・大姫です。

安徳帝と大姫、この2人は、いいところの出ながら、お互い不幸な最期を遂げます。

 

安徳帝の最期・壇ノ浦の戦いは下をクリック】


 【頼朝の長女・大姫に関しては下をクリック】


さて、後白河法皇の幽閉・安徳帝の即位を契機に、後白河法皇の息子の以仁王が平家筋と見られていた源頼政とともに挙兵します。

この挙兵に関し伊豆にいた頼朝の元にも以仁王からの挙兵の誘いが来ます。

しかし、頼朝は

(1)源頼政には人はついてこない
(2)正当なる源氏の棟梁は自分であり、もし挙兵するなら自分が中心となって兵を率いる

・・・との理由で以仁王の挙兵には応じないことにします。

ここには、もし以仁王の挙兵が成功したら、源頼政中心の源氏の世の中になる可能性があり、源氏の棟梁の自分がないがしろにされるから嫌だという感情があったとも推測されます。

 

結局、以仁王の挙兵は失敗し数日間で鎮圧されます。

 

(頼朝挙兵を決意)

数日後、頼朝は後白河法皇が夢枕に立ち「清盛の首をとって平家を京から追放せよ」と話します。

また、ちょうどその頃、三浦義澄が京都で後白河法皇の密旨を頂き、それを北条の館で頼朝に仕えている安達盛長に渡します。

そのようなことが起きていくうちに、周囲の人が頼朝に対し打倒平氏の挙兵を要請します。しかし頼朝は挙兵に対し慎重な姿勢を崩さず、北条義時も政子が「挙兵するかどうか」を詰め寄ります。
この席で義時は、木簡に記されている内容から米の量や人民の数を算出し挙兵に協力してくれる人数を推測します。そして、戦になった場合には敵を上回る軍勢になると仮説を立てます。

しかし、それでも頼朝は慎重です。
大義名分がないと挙兵はむつかしい。後白河法皇から直々の密旨でもあれば」とつぶやきます。すると安達盛長が、これは幸運とばかりに持っていた密旨を渡し、それにより頼朝は遂に挙兵を決意します。

 

・・・というストーリーです。

f:id:reiwa00502:20201102154140p:plain

 

 

【鎌倉殿の13人 NHK公式HP】

f:id:reiwa00502:20220128115506p:plain