日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

恐山のイタコに逢いに行った!!

皆さんも一度は聞いたことがあると思う「恐山」・・。実際は、どんな場所なのか?

恐山には、亡くなった方の霊を、あの世から呼び出し口寄せを行うイタコがいるというが、それは本物なのか??

おっさんは、実は6代前の先祖まで名前がわかっている。(先祖はある程度までなら、実に簡単に誰でも調べることが出来ます)

そこで、江戸時代末期に生きていた私の6代前の先祖が「どんな時代を生きた人だったか」、「子孫の私に対し何を考えているのか」などを聞きたいので、イタコに呼んでもらおうと思い、恐山に足を運んだ。

f:id:reiwa00502:20190507104217p:plain f:id:reiwa00502:20190507104745p:plain

f:id:reiwa00502:20190507105401p:plain f:id:reiwa00502:20190507105118p:plain

左の風車が不気味         三途の川が実在するとは!!

 

「恐山」には、この世のものとは思えない荒れ果てた殺風景な世界が広がっていた。

 日本三大霊山の1つ、あとの2つは「比叡山」「高野山」だが、この「恐山」のインパクトには、かなうまい・・。

 

●「恐山」には、イタコは常駐しているわけではないので、目的とした「6代前の先祖の霊の口寄せ」は出来なかった。

 

何故か無料温泉があったので、結局“「恐山」で温泉につかった”という不思議な旅でした。

 

「恐山」に関して記述したオフィシャルサイト=青森県観光情報サイトはここ

恐山 https://www.aptinet.jp/Detail_display_00003334.html

恐山霊場 https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000047.html

 

<<恐山の行き方>>

●「恐山」は山奥にありますので、おっさんは、JR下北駅からレンタカーを借りて行きました。所要時間は45分程度です。

住所:青森県むつ市田名部宇曽利山3-2

社務所:0175-22-3825

 

●補足情報

・入山料が500円。

・冬は寒さが厳しいので閉山します。開山は5月1日~11月上旬です。

・イタコに遭いたいときは恐山大祭(7月20日~24日)、秋詣り(年によって違うので事前に調べて下さい)の年2回の大祭を狙いましょう。

・周辺には、飲食店があります。