日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

5・15事件



5月15日は、1932年(昭和7年)に5・15事件が起きた日です。

f:id:reiwa00502:20200513130127p:plain

 

5・15事件は、武装した海軍の青年将校などが首相官邸に乱入し、

当時の内閣総理大臣犬養毅を殺害したものです。

軍部が首相官邸に乱入し、首相を殺害したのはこれが初めてです。

 

(憲政の神様・犬養毅

犬養毅とはどんな人かを簡単に説明しますと、1890年の第一回衆議院選挙に当選後、1度も落選することなく死亡するまで連続19回当選。

尾崎行雄とともに「憲政の神様」と呼ばれ、普通選挙の実現に力を注ぎました。

総理府のHPの犬養首相についての記述】

 

おっさんは小学生の時に「花々と星々と」という本を読みました。

これは犬養毅の孫娘の犬養道子さんが書いた本で、犬養毅が暗殺されるまでを描いた

自叙伝です。当時の世相や背景、状況が凄くわかりやすいです。お勧めします。

  

(5・15事件の背景)

5・15事件について語る場合、話は、犬養首相の前の首相・若槻禮次郎にさかのぼります。

若槻は、濱口内閣時代の1930年(昭和5年)、日本全権としてロンドン軍縮条約を締結し、その後、濱口の次の首相になります。

軍備縮小になった海軍が不満を抱き、若槻襲撃を狙っていました。

1932年(昭和7年)2月の選挙で、若槻内閣は退陣し、犬養毅が総理大臣になりますが、反政府の動きはおさまりません。

 

当時の日本は、戦前で最も深刻な恐慌と言われる昭和恐慌がおき、農村部では、日々の食べものに困り、娘の身売りが頻繁になるなど苦しい生活が続いていました。

そうした農村部出身者が多い軍隊内部では、政治への不信が募っていました。

 

ここでキーパーソンとなるのが海軍で昭和維新を唱えていた中心人物の藤井斉という

人です。

藤井は、腐敗政治改革、国家改造を唱え内閣崩壊などの工作活動を続け、武力による

実力行使を計画していました。

これはのちに井上準之助団琢磨を殺害する血盟団事件につながります。

藤井斉は、1932年(昭和7年)1月に起きた第一次上海事変に従軍し、2月5日に戦死しますが、彼の思想を継いだ仲間が5・15事件を起こします。

 

(5・15事件の内容)

5・15事件は、首相を暗殺し、警視庁や銀行を襲撃し、さらに変電所を襲い都内の電力をマヒさせて混乱させて戒厳令を出させ、その流れの中で軍閥内閣を樹立するという

構想でした。

「あいつは許さん!」という理由で、武装した人が集団で首相官邸に入り込み、首相を銃殺したのです。恐ろしいことです。

犬養毅の首相在位期間は1931年(昭和6年)12月13日から1932年( 昭和7年)5月16日で、在職日数は156日でした。

撃たれた後に女中さんに「9発撃って3発しか当たらんとは、どんな訓練をしているんだ」と話したそうですが、その数時間後死亡します。76歳でした。

有名な話ですが。この時、来日していた世界の喜劇王チャップリンは、5月15日に首相官邸を訪問する予定があり、彼も暗殺リストに入っていました。

 

5・15事件は、首相殺害、銀行襲撃には成功したものの、戒厳令発令まではいかず、

犯行後に、海軍士官や陸軍士官候補生らは東京憲兵隊に自首しました。

その後、裁判が開かれますが、5・15事件での将校たちの行動に対し海軍兵学校の卒業生やクラスメート、さらに民間も巻き込んだ、”助命嘆願運動”が起こります。

そして暗殺をした海軍青年将校は誰一人として死刑にはなりませんでした。

5・15事件後、政党内閣制は終わりを告げ、軍部の発言力は増大し、軍部独裁への道を進みます。

  

(数奇な運命)

5・15事件で殺害された犬養首相に代わり、臨時兼務で首相になったのが犬養内閣で大蔵大臣だった高橋是清です。この高橋是清も2・26事件で殺害されます。

「5・15事件」と「2・26事件」いずれも軍部が首相を襲った事件ですが、その双方に高橋是清は関係しています。

 

(1932年)

5・15事件が起きた1932年(昭和7年)は、どんな年かを見てみます。

1月に第一次上海事変、2月に井上準之介蔵相が暗殺、さらに肉団三勇士、3月に満州国建国、団琢磨暗殺、4月上海天長節爆破事件、5月に5・15事件、8月はドイツ総選挙で

ナチス圧勝、・・と歴史上重要な出来事が次々と起きた年です。

【1932年の出来事を書いたブログ記事】 

(肉弾三勇士)

(ロス五輪実感中継)

(銀座の象徴「和光」完成)

 

(「花々と星々と」)

おっさんが小学生の時に読んだ犬養毅の孫娘の犬養道子さんが書いた本です。

犬養毅が暗殺されるまでを描いた自叙伝で、当時の世相や背景、状況が凄くわかりやすいです。

 

 

 

ということで。5月15日は1932年(昭和7年)に5・15事件が起きた日です。

f:id:reiwa00502:20200513130127p:plain