日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

誰かがあなたのAmazonアカウントを利用し・・・というメールが来ました

先日、

「第三者がという人物が勝手にアマゾンのアカウントにログインして商品を購入しようとした」という内容のメールが届きました。

送り主はAmazonです。

これが実際に送られてきたメールです。

(矛盾点)

このメール、差出アドレスを見ると、Amazonなのにrakutenの文字がありますね。

つまりAmazon楽天が相乗り??なんじゃそりゃああ??

 

さらに文章を見ると・・

 

件名:Amazon.co.jpでのご注文250-4412322-3390217(1点)

誰かがあなたのAmazonアカウントを使用して別のデバイスからこの注文を購入しようとしました。セキュリティ上の理由からアカウントがロックされている可能性があります。まだ注文していない場合には(注文の詳細を表示する)をクリックしてすぐにキャンセルします。

 

・・・・この文章、よく読むと日本語が変ですね。

「注文を購入」「すぐにキャンセルします」・・??? 日本語が明らかに変です。

 

(詐欺メールです、落ち着いて!!)

このメールを受信したら、「誰かに請求されたらまずい!!早く手をうとう」と

あせってパニックになり冷静に判断できないかもしれません。

また金額も79,000円と絶妙な額で、ここは思わずメール内のリンクボタンを

クリックして「どうなっているんだ」と詳細を確認しそうになります。

しかし!!

このメールはAmazon公式を装いクレジットカード情報を盗み出そうとする、いわゆるフィッシング詐欺と言われる詐欺メールです。

Amazonのサイトに飛ばしあなたのIDとパスワードを盗み出し、不正利用することを目的にした詐欺メールです。

冷静に対処しましょう。

速攻削除です。

 

しかし、本当に色々な方法で個人情報を盗みとろうと色々考えるもんです。

そこで、ログインパスワードやらクレジットカード内容やら個人情報の

提供を求められたら、まずはすぐに動かず、ネットで似たようなことが起きていないか

検索してみましょう。

今回も「Amazon」、「高橋直見」でネット検索したら1発で偽メールで出てきました。

注文番号まで同じでした。

 

とにかく、すぐに反応せずネット検索を!!

 

 

個人情報を入力するようなメールが来たら

似たような内容のことがないかと

ネットで検索しましょう!!