日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

未知の生物イッシーを探せ!!鹿児島池田湖でイッシー探索!出てこいイッシー!!

 

 鹿児島の池田湖にいると言われるイッシー、

そのイッシーを探しに行きました!!

 

(ネス湖が遠けりゃ池田湖があるさ!)

おっさんは子供の時に、イギリス、ネス湖に行きネッシーを見たいなあとずっと思っていました。そして20代前半の頃にイギリスに行きましたが、ネス湖スコットランドで遠いので諦めました。

しかしイギリスのネッシーがだめでも、日本にはイッシーがいます。

イッシーは鹿児島県指宿(いぶすき)市にある池田湖にいると言われる、謎の未確認生物です。池田湖は鹿児島県の薩摩半島の南端にあります。

場所が分かったので、池田湖の大きさを把握するため地図を拡大して見ます。

下の地図でわかるように大きな湖だという事がわかると思います。

池田湖は、直径約3.5km、周囲約15kmのカルデラ湖。九州最大の湖です。

湖面の標高は66m、深さは233mで、最深部は海抜-167m、湖底には直径約800m、湖底からの高さ約150mの湖底火山があるそうです。

池田湖が誕生したのは約5700年前で、1回の噴火でできたのではなく、周辺部も含めると6回の噴火で現在の形状になったそうです。

開聞岳をバックにした池田湖。。もやに包まれ神秘的です・・。何かいてもおかしくない雰囲気です。

 

(昔から怪獣伝説の地・池田湖)

池田湖は、「開聞の御池」あるいは「神の御池」と呼ばれ龍神伝説がありました。

池田湖のイッシーが有名になったのは1978年(昭和53年)9月3日の出来事です。

この日、湖畔近くにある家で法要が営まれていました。夕方6時ころに、外で遊んでいた子供たちが「怪獣がいる!」と騒ぎ大人たち20人が一斉に外に出て、池田湖の中央を

猛スピードで泳ぐ2つのコブを目撃します。

やがて黒い巨大な生物は湖面を波立たせ猛スピードで泳ぐと水中に潜ったそうです。

この目撃から目撃証言が相次ぎ、この謎の生物にイッシーという名がつけられました。

これはニュースになりました。おっさんは当時中学生でしたが、未知の古代恐竜の生き残りがいるのではないかと、ワクワクしました。

 

その後、イッシーの目撃情報が相次ぎ1991年(平成3年)には映像も撮影されました。

この映像紗撮影されたときは、おっさんが社会人になってすぐの事で、ニュースでも

取り上げられ話題になったのでよく覚えています。

池田湖にはこのような看板がありました。

 

(イッシー出てくるかなあア・・おっさんも池田湖畔で張り込み)

さて、時は流れて2022年(令和)5月、おっさんも池田湖畔にてイッシーを待ち伏せしました。

この日は、曇り、、。池田湖は神秘的な雰囲気です。

 

待つこと、数時間・・。

日没になったので、探索は泣く泣く打ち切りました。

今日は残念ながらイッシーの姿を目撃することは

できませんでした。残念!!

 

(池田湖にあるイッシー像)

 現在、池田湖にはイッシーの像が、確認されただけでも3セットありました。

①湖畔にあったイッシー像

②駐車場にあったイッシー像

③えぷろんはうす池田にあるイッシー像

(イッシーは大ウナギ??)

池田湖には、指宿市の天然記念物に指定されている体長1.8m・胸回り60cm・体重20kgもの大うなぎが数多く生息しています。こんな巨大ウナギがいることが驚きですが、

ひょっとしたら生育がよくさらに巨大化した超巨大ウナギがいて、それがイッシーの

正体なのかもしれません。

しかし、この池田湖、湖畔にたたずむと本当に神秘的で 何かが出てきても不思議ではない、そんな雰囲気を漂わせていました。

 

公益社団法人指宿市観光協会公式HP】


<<池田湖に行くには>>

鹿児島空港から高速を利用して車で約1時間35分
鹿児島市からは車で約1時間20分
・JR指宿駅からは車で約25分

住所:鹿児島県指宿市池田

 

イッシーがダメなら

次は、

いつか北海道の屈斜路湖に行き

クッシーを探索するぞおお!!

クッシー待ってろよお!!

<<おまけ 本家本元のネッシーのこと>>

イッシーの記事の最後に、本家本元のネス湖ネッシーの記事を紹介します。

 

最近、目撃情報を全く聞きませんが、

恐竜の生き残りや未知の巨大生物、首長竜などが

本当にいるとしたら

なんかロマンがあっていいですねええ・・・