日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

まだまだ、このままじゃ終わらんぜ!何をしたらいいかわからんが、まずは各地を色々歩いていくぜ!!

おっさんは楽天トラベルを愛用し旅行に行ってます!

定価で旅行しない・安くする方法~その3~東京ー熱海をより安く

 


 


都心から熱海に新幹線で1番安く行く方法

f:id:reiwa00502:20190802131543p:plain

 

東京から近い、温泉地:熱海!!

江戸時代から温泉地として有名で人々に親しまれています。

 

 

品川から熱海の運賃ですが、普通に購入すると

快速アクティーを使う場合は、所要時間は1時間半程度、片道料金は1940円です。

新幹線を使うなら所要時間40分程度、片道料金は3670円です。

6枚つづりの新幹線回数券を利用する場合、1枚当たりの料金は3330円になります

 

しかし、まだこれよりも安い料金で新幹線を利用して熱海に行く方法があります。

 f:id:reiwa00502:20190807140300p:plain

 

 

<<東京・品川ー熱海は、これが1番>>

「新幹線お出かけきっぷ」を使います。

f:id:reiwa00502:20190802131814p:plain

「新幹線お出かけきっぷ」は、2名以上で旅行する場合、

東京・品川~熱海の往復に、新幹線普通車自由席を利用できます。

都内から熱海なら 新幹線の自由席でも十分空いています。

 

この「新幹線お出かけきっぷ」の品川ー熱海の往復料金は、5450円

ということは、片道2725円

普通に駅で新幹線チケットを購入した場合より片道1000円近く安くすみます。

これが往復だと2000円近くお金が浮きますからバカになりません。

有効期間は2日間なので、日帰りあるいは1泊の旅行には、最適です。

 

★ここで注意するポイントは、

①「2名以上で利用する場合」です。ということで単独では購入できません。

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始といった繁忙期は、利用ができません。

使用期間など、詳細はJR東海の公式HPに記載されていますので確認してください

ここで「新幹線お出かけきっぷ」に関するJR東海公式HP 

 

 

熱海駅前)

熱海駅は2016年(平成28年)に駅ビルが新しくなり複合商業施設の「ラスカ熱海」として開業しました。

駅前には、無料の足湯があり、多くの人が利用しています。

f:id:reiwa00502:20190802131957p:plain

駅前広場に「家康の湯」という足湯があります。営業時間は朝9:00から16:00まで。

徳川家康が熱海にお湯につかりに来て400年を記念してできたもので、無料です

f:id:reiwa00502:20190802132027p:plain

f:id:reiwa00502:20190802132100p:plain

f:id:reiwa00502:20190802132235p:plain

うら若い女性ではなく、

   おっさんの素足の写真で誠に申し訳ありません!

でも、足湯は気持ちがいいものです!!

 

f:id:reiwa00502:20190802132150p:plain

駅前商店街前には、明治末期から大正にかけて運営していた熱海軽便鉄道で使われた

7号蒸気機関車が飾られています。

 

 

 

・・・というわけで、まともに払ったら損ですよ!!

都内から熱海に行くなら「新幹線お出かけ切符」!!

これで決まり!!!

f:id:reiwa00502:20190802133103p:plain

 

 

熱海市役所公式HP】

 

熱海市観光協会公式HP】