日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

定価で旅行しない・安くする方法~東京ー熱海をより安く!首都圏から近い温泉場・熱海に行こう!!【2022年:令和4年】

都心から手軽に行ける人気の温泉地・熱海に、
1番安くお得に行く方法を紹介します

 

熱海・・・いいですねえ。
おっさんは1995年(平成7年)頃から本当に良く熱海に行ってます。東京から近いんですよね。。
昔は一時期、客足が遠のき駅前商店街も人が少なかったんですが、最近は人気が回復し、週末になるとホームは大勢の人でごった返す混雑ぶりで、熱海の人気具合がわかります。

駅前にある無料の足湯・家康の湯も週末は大人気です!
この足湯気持ちいいんですよ!!


そんな人気の温泉地・熱海に
今現在、1番安く行く良い方法はこれです!!

楽天トラベルで宿泊と往復新幹線がセットのパックを
申し込み、料金を楽天ポイントで支払う!

この方法は「往復交通機関を予約して、それからホテルを予約して」と別々に取るよりも料金が安く済みます。

しかも、料金を楽天ポイントを活用することで、さらに安くなります。

これです!!

(手順)

申し込み方は凄く簡単です。

下に楽天トラベルのサイトに直結するバナーを置きました。

このバナーをクリックすると楽天トラベルのサイトに飛びます。

楽天トラベルのHP左側の1番下に「JRご案内」というのがあるのでソコをクリック!!
すると「JR・新幹線+宿泊」というページに飛びます。
さらにクリックして日本旅行のページに飛びます。
そして、日付や人数などを記入します。
すると往復交通費と宿泊がセットになったパック料金の一覧が出るので
希望の宿を選び、その支払いに楽天ポイントを使います。
これだけです。

(熱海までの運賃は??)
品川から熱海のJRの運賃です(2022年(令和4年)7月現在)

○普通運賃で行くなら 2時間弱の所要時間で、片道運賃が1980円です。

○特急踊り子があります。これは所要時間1時間10分程度ですが、
1日の便数が少ないです。
乗車券1,980円+特急料金1020円の合計3000円です。

やはり熱海は新幹線がいいかな??
品川からだと新幹線こだまで、新横浜→小田原→熱海と3駅です。

○新幹線を使うなら所要時間40分程度で片道料金は3740円です。

○6枚つづりの新幹線回数券を利用する場合、1枚当たりの料金は3390円になります。
東海道新幹線ネット予約サービス「スマートEX」の「こだまファミリー早特商品」

に東京・品川〜熱海間があり、これだと大人3300円、こども1650円です。

 

例えば 新幹線普通で熱海に行く場合、普通席往復で7480円、これにホテル料金が追加されます。そう考えると。。
楽天トラベルで宿泊と交通費が一緒のパックを申し込み楽天ポイントで支払う!スタイルが相当安いです。

 

※ただし、シーズンで料金が変動することがあるので、ここは旅行前に色々調査した方が良いですね。

 

【熱海周辺を楽しむ!】

 

 

 

 

熱海のイベント情報は
ここでチェック!!!

熱海市観光協会公式HP】

熱海市役所公式HP】

楽天トラベルを活用し熱海をお得に楽しみましょう!!

f:id:reiwa00502:20190802131543p:plain