日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡ります。みんなも旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。現在進行形のサクセス「ブログ」を書いて、充実した人生を目指します!

伏見口の戦い激戦地跡

f:id:reiwa00502:20201128093908p:plain


京都伏見の京橋一帯。

ここは、江戸時代、京へ向かう高瀬舟、大坂へ向かう三十石船、山城へ向かう淀二十石船、宇治へ行く芝舟などの運搬船で賑わい、交通の要所として栄えました。

この橋のすぐ横に「伏見口の戦い激戦地跡」と言う石碑が建っています。

f:id:reiwa00502:20201128094108p:plain


 幕府軍 政府軍の激戦地)

この周辺は幕末に鳥羽伏見の戦いが繰り広げられました。

時代の流れを見ていきましょう。

幕末の1867年(慶長3年)10月14日、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜が二条城で大政奉還を行います。

同年12月9日、王政復古の大号令が出ます。

そして徳川慶喜には辞官納地が命じられますが、二条城にいた慶喜は、それに同意する気が全くないため、回答をうやむやにし13日に大坂城へと移動します。

年が変わって1868年(慶應4年)正月2日、徳川慶喜から薩摩討伐の命を受けた旧幕府軍約1万5000人が大坂城を出発します。

同日夕刻には、大坂からの先鋒隊の会津藩士約200名が船で伏見の京橋に上陸し、伏見奉行所に近い伏見御堂に宿泊します。

さらに3日には、旧幕府軍の指揮官・陸軍奉行の竹中重固が伏見奉行所に入り、ここに本営を置きます。

 

一方、新政府軍は、京都の東寺に本営、伏見奉行所の北約150メートルにある御香宮神社には薩摩兵800人が駐屯し、伏見市街地北には長州兵150人が配置されます。

 

3日の夕方、鳥羽伏見の戦いが勃発。

薩長を中心とした新政府軍と、幕府歩兵隊・会津藩兵・新選組など旧幕府軍の間で激しい戦闘が行われます。

4日、西洋の最新兵器で軍備を固めた明治政府軍に敗れた旧幕府軍は、民家に火を放ちながら淀方面に敗走します。

そのため、このあたりの多くの民家が焼かれ、この辺り一体が焼け野原になるなど大きな被害を受けます。

坂本龍馬暗殺未遂の寺田屋はここから徒歩3分程度。その寺田屋もその時に焼失したと言われています。

 【寺田屋について書いたブログはココ】

 

(交通の要所として発展)

京都の伏見は、江戸幕府には、宿場から運ばれてきた公用の荷物を次の宿場まで運ぶ

伝馬所(てんまじょ)という運搬サービス業や普通の荷物を馬で運ぶ運送業の馬借、

さらに行き交う旅人で賑わっていました。

特に京橋周辺は、水運で京都、大阪、山城などとつながる交通の要衝でした。

f:id:reiwa00502:20201116222715p:plain

【三十石船に浮いて書いたブログはココ】

 

f:id:reiwa00502:20201128110713p:plain

京橋から蓬莱橋北詰を結ぶ一帯には、大名が宿泊する本陣が4軒、家臣が宿泊した

脇本陣2軒をはじめ、39軒の旅籠が軒を連ねていました。

f:id:reiwa00502:20201128094512p:plain

 

 今は静かな川のほとりですが、かつては鳥羽伏見の大激戦地だったわけです。

当時、ここで激戦が繰り広げられたことは、今は1本の石碑が物語っています。 

 

<< 伏見口の戦い激戦地跡への行き方>>

京阪本線 中書島から徒歩6分程度

住所:伏見区南浜町(京橋北詰東側)

 

f:id:reiwa00502:20201128110205p:plain