日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

1月26日 帝銀事件起きる

 

f:id:reiwa00502:20210105162234p:plain

1月26日は、終戦直後でかつGHQ占領下の日本で起きた毒物殺害事件・帝銀事件が発生した日です。

 

松本清張著「日本の黒い霧」)

おっさんは中学生の時に松本清張が書いた「日本の黒い霧」という本を読みました。

これには終戦直後の事件を特集して書いたもので、この帝銀事件以外に三鷹事件

下山事件、などが書かれていました。

 

帝銀事件

帝銀とは帝国銀行、今の三井銀行の事です。

敗戦から3年目の1948年(昭和23年)1月26日に、東京豊島区長崎にあった

帝国銀行椎名町支店で事件が起きます。

f:id:reiwa00502:20210105162430p:plain

銀行が閉店した直後の午後3時過ぎに、東京防疫班の腕章をした男性が入ってきます。そして「自分は厚生省の人間であるが、近くで集団赤痢が発生したので予防薬を飲んでほしい」と言い行員に薬を飲むことを勧めます。この男が厚生省の男性の名刺を示したため、その白衣姿とともに誰もが本物だと信じたようです。

 

そして男は、「このように飲みます」と自分が自ら薬を飲んで手本を見せます。

それを見た行員たちは次々と男が与えた薬を飲み、やがて苦しみを訴え、絶命します。

この時、銀行には16人がいましたが、薬を飲んだ11人が即死、もう一人も搬送先の病院で死亡し、合計12人が死亡したことになります。

男は、現金16万円と2万円近い小切手を奪い逃走し、小切手は現金化されます。

この模様は当時の日本ニュースが「銀行毒殺事件」として伝えています。

f:id:reiwa00502:20210105162104p:plain


【当時の日本ニュース「銀行毒殺事件映像」はここ】

 

1月30日、亡くなった方々の合同葬儀が東京小石川護国寺で行われました。

 

(犯人として平沢貞通が逮捕)

帝銀事件で犯人が残した厚生省の役人の名刺、これが犯人を探る貴重な手掛かりとなりました。警察は、厚生省の役人が実際に名刺を渡した人を探ります。

そして1948年(昭和23年)8月21日、ペンテル画家の平沢貞通が犯人として逮捕されます。北海道で逮捕された平沢は23日、電車で上野駅に到着します。

下の写真でベレー帽をかぶっているのが平沢です。

f:id:reiwa00502:20210105164601p:plain

【平沢貞通が東京の捜査本部に送られる様子を報じたニュース映像はココ】


【小菅刑務所に送られる平沢貞通を報じたニュース映像はココ】

 

(平沢は無罪を主張)

平沢は、いったんは犯行を自供しますが、その後無罪を主張し続けます。

その模様は当時の日本ニュースでも報じられています。

【法廷で無罪を主張する平沢のニュース映像はココ】

 

平沢は画家であり薬物の専門知識があったかどうかが不明で、かつコルサコフ症候群の後遺症で虚言癖があり、また当時の強烈な拷問による自供の可能性があり彼が

本当に犯人であったかは疑問視する声がありました。

 

(獄中生活32年、95歳で獄死)

平沢は最高裁で死刑を求刑されますが、その刑は実行されることがなく、1987年(昭和62年)5月10日に95歳で八王子医療刑務所内で肺炎で亡くなります。32年間の獄中

生活でした。再審請求は18回に及びますがすべて退けられました。

 

(真犯人がいる??)

「平沢は犯人ではなく犯人に仕立てられた、そのため刑の執行ができなかった」。

あるいは「日本陸軍の細菌を扱った731部隊関係者が真犯人であり、逮捕をまぬがれる代わりに細菌兵器の情報をGHQに伝えるという取引があった」「真犯人は外国の細菌兵器を扱う実験として帝銀事件を起こした」などという推測も出て、おっさんは、

実に何とも言えない怖さを感じました。

 

【おっさんが読んだ松本清張著「日本の黒い霧」とにかくすさまじい内容です】

 

ということで1月26日は帝銀事件が起きた日です。

f:id:reiwa00502:20210105165247p:plain

 

★今回使用した写真は、すべて著作権の保護期間が消滅した映像です。