日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

7月1日、開催まで22日の五輪開催都市東京の様子

f:id:reiwa00502:20210701213813p:plain

2021年(令和3年)7月1日(木)この日は平日ながら仕事が休みでした。

そこで日付が7月とかわり五輪開催まで直前となった五輪開催地・東京の様子を知ろうと各地を回って来ました。

 

7月1日は、東京五輪の開会式まで、あと22日です。

 

(五論会場:新国立競技場)

五輪の開会式などが行われる新国立競技場。

地下鉄・大江戸線の国立競技場前駅のすぐ後ろには、新国立競技場があります。

予定では2021年(令和3年)7月23日(金)午後8時から11時まで東京五輪の開会式が、

同年8月8日(日)午後8時から11時まで東京五輪の閉会式が行われます。

f:id:reiwa00502:20210701214153p:plain

 

7月1日現在、国立競技場はまだ工事中なのか、交通規制が行われていました。

どこからか近づくことができないかと周囲を歩きましたが、ご覧のように工事中で

中には入れませんでした。

f:id:reiwa00502:20210701214520p:plain

 

(代々木競技場)

f:id:reiwa00502:20210701215046p:plain

JR原宿駅からすぐの代々木競技場、

ここでは7月24日から8月8日まで、ハンドボールの試合が繰り広げられる予定です。

建物の外の広場では準備が進められていました。

JR[原宿駅から代々木競技場までの道には、ちょうど、この日の夕方に「東京五輪2020」の横断幕が張る作業が行われていました。グッドタイミング!!

f:id:reiwa00502:20210701215631p:plain

 

JR原宿駅の上に架かる「五輪橋」にも「TOKKYO2020」の幕が・・。

f:id:reiwa00502:20210701215734p:plain

 

代々木競技場に向かう歩道橋にも・・。

f:id:reiwa00502:20210701215555p:plain

f:id:reiwa00502:20210701215916p:plain

f:id:reiwa00502:20210701222000p:plain

 

(新宿都庁)

オリンピック準備局がある新宿区の東京都庁

f:id:reiwa00502:20210701220401p:plain

f:id:reiwa00502:20210701221207p:plain


新宿都庁の2階には、五輪カウントダウンがありました。

2021年(令和3年)7月1日で、五輪開催まであと22日です。

f:id:reiwa00502:20210701220252p:plain

 

(街の風景:渋谷センター街

渋谷センター街入り口にも・・・

ただ、なんか地味なんですよねえ。やはりコロナ禍で自粛ムードなのかなあ・・

f:id:reiwa00502:20210701220046p:plain

f:id:reiwa00502:20210701220011p:plain

 

 

(東京フリーきっぷ)

f:id:reiwa00502:20210701222535p:plain

今回は、東京フリー切符を購入し関係各所を移動しました。

この東京フリー切符は、都営地下鉄、都営バス、東京さくらトラム都電荒川線)、

日暮里・舎人ライナーに加えて、東京メトロ(全線)、JR線(都区内に限る。)を

1日に限り何回でも乗車できる優れもので大人1600円でした。

しかし、冷静に計算すると今回は3か所しか行ってないために普通に毎回切符を

購入したほうが安かったです。

ここは計算して購入したほうがいいです。

 

東京五輪開催まであと22日、まだまだ五輪ムードがどうかなああ・・というのが

実際に現地を訪れての正直な感想です。

 

東京五輪は7月23日、開幕です。

あと22日となった、開催地・東京の様子でした。

f:id:reiwa00502:20210701221634p:plain