日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

8月27日 映画「男はつらいよ」第一話上映

 

f:id:reiwa00502:20210813220305p:plain

 

1969年(昭和44年)のこの日、

松竹が制作した

渥美清主演の映画「男はつらいよ」の第一作が

劇場で公開されました。

 

(「男はつらいよ」は最初はTV) 

男はつらいよ」は、日本全国のお祭り会場を渡り歩くテキ屋の「フーテンの寅」こと車寅次郎が、生まれ故郷の葛飾柴又や旅先で、色々な騒動を起こす映画です。

毎回、「マドンナ」と出会いに恋愛をするものの片思いが多く終ってしまい、また旅に出てしまうストーリーです。

ラストは、マドンナがトラヤを訪れたり、旅先からの寅さんのハガキの文章が紹介されて終わりました。

 

男はつらいよ」は元々、フジテレビで1968年(昭和43年) – 1969年(昭和44年)に木曜日の夜10時に放送していました。

最終回では、ハブを捕まえひと儲けしようと画策した寅次郎が、奄美大島にハブを取りに行ったものの逆にハブに咬まれ、毒が回って死んだというストーリーでした。しかしその結末に視聴者から多数の抗議が相次いだため映画化につながりました。

 

 (映画「男はつらいよ」)

TVを引き継いだ映画版「男はつらいよ」シリーズは、松竹によって1969年(昭和44年)8月27日に第1作が公開され、1995年(平成7年)までに48作が、1997年(平成9年)と、2019年(令和元年)に特別編が公開されました。

第49作「寅次郎花へんろ」の制作準備中に渥美清が死去したために1995年(平成7年)に公開された第48作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」シリーズ最終となりました。 

f:id:reiwa00502:20210813222019p:plain

おっさんは当初、「男はつらいよ」の映画は面白いとは思いませんでしたが、

社会人となり経験を積んだあと、改めて見るとそのストーリーや人情にシミジミと

来ました。

 

(寅さんの舞台柴又を歩く)

寅さんの映画の舞台:葛飾柴又には、駅前に寅さんと妹の桜の銅像があり、近くには

団子屋や帝釈天もあります。

f:id:reiwa00502:20210813222237p:plain

 柴又を歩くと、そこは寅さんの映画でおなじみの光景が広がります。

f:id:reiwa00502:20210813222617p:plain

f:id:reiwa00502:20210813223504p:plain

帝釈天です。

f:id:reiwa00502:20210813223840p:plain

f:id:reiwa00502:20210813222852p:plain

男はつらいよ」映画シリーズ全48作の配給収入は464億3,000万円、観客動員数は7,957万3,000人を記録したそうです。

世界最長の作品数の映画シリーズ(26年48作)としてギネスブック国際版に認定されました。

【松竹 男はつらいよ公式HP】


男はつらいよ 第1話を見たいなら‥】

 【映画男はつらいよ全作品はココ】

映画「男はつらいよ」の映画の第一話が

上映されたのが8月27日です。

f:id:reiwa00502:20210813224044p:plain