日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

「解約予告のお知らせ(ETC利用照会サービス)」というメールが届きました

 

高速道路を運転するときに欠かせない
ETCカード
そのETCが
「このままじゃ利用できませんよ、ログインして!」という通知メールが来たら・・・。
早く何とかしなきゃあと焦りますよね。。

2022年(令和4年)7月22日(金)おっさんのところにETCの解約予告のお知らせ(ETC利用照会サービス)がきました。

これが届いたメールです。



メールが届いたのが2022年(令和4年)7月22日、そしてそのメールに書かれた解約予定日が同じ日の7月22日。。。急すぎますねええ・・。

さらにメールの宛先が「自分」というのはよくわかりませんね。
おっさんの名前を書いて「●●様」とするべきでは??
また、このメールをよく見るとどこにもおっさんの名前が書かれていません。
普通、相手にメールを出す場合、最初に●●様と書くはずですよね。

 

でも

書かれていたETC利用サービス照会の電話番号は本物でした。うーん・・・

 

このメールには「420日間ログインのない方にお送りしています」と記載され、指定したURLにログインしないと、まもなく使用ができなくなると書かれています。

本当にETCが利用できなくなると、これは困りますねえ。

 

でもここでSTOP!


(個人情報を求められたら。。。)

メールで個人情報を求められたら急いで対応せず、よく考えましょう。

そして、ネットで検索してみましょう。

すると。。。。

ありましたね。この手の話・・。

 

結論から言うと

これは、ETC利用照会サービスを装った詐欺メールです。

記載内容はすべてウソでフィッシングサイトにアクセスするように誘導し、ユーザーIDやパスワードといったログイン情報や住所氏名などの個人情報、さらにクレジットカード情報等を入力させて、その情報を抜きとる目的です。
そうなると不正アクセスの被害に遭う恐れがあります。

危ない!! 危ない!!

 

今回以外にもETCを名乗った不審なメールが報告されています。

その内容には、

・カードのご利用を一部制限させていただきました

・通知をすぐに停止してください

・ETCサービスは無効になりました

・異常な記録があります

・アカウントを停止いたしました

・ETCの決済方法を再確認してください

・・・・などのパターンがあるそうです。

 

おっさんのところにも2021年(令和3年)9月には似たようなメールが来ていました。


ETCでは利用照会に関して、客の利用明細などの利用内容をメールで知らせることは
ないそうです。

また、またメールに記載のリンクから、「客の氏名・ご住所・クレジットカード情報」の入力を求めることも絶対にないそうです。

このようなメールは速攻削除!!

誤ってリンクを開いた場合は何も入力せずに、ページを閉じて削除です。


詐欺メールは、色々な手口があります。
個人情報の入力を求められたら、
まずはネットで検索しましょう!

 

ちなみに指定された期限をとっくに過ぎましたが、ETCカードは普通に使えています。