日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

本州⇔九州歩いて行ける~関門人道トンネル~

 「本州から九州」、「九州から本州」と

            歩いて渡って来たよ。

f:id:reiwa00502:20190524215921p:plain

 

 本州から九州、逆に九州から本州へも歩いて行けます。

九州と本州の間にある関門海峡。「関門」は、本州最南端の山口県下関市の「関」と九

州最北端の福岡県北九州市門司区の「門」を合体したものです。

 

 本州・下関と九州・門司を結ぶのは関門トンネル関門橋がありますが、歩いて渡れる全長780メートルの関門人道トンネルがあります。

 

 本州から九州に歩いて行けるというので、おっさんも山口県下関市から福岡県北九州市門司区へと歩いてみました。

f:id:reiwa00502:20190524221009p:plain

山口県下関市の関門人道トンネル入り口

 

関門橋の下にある入り口から、エレベーターに乗り地下へ。いざ、歩いて九州へ!!

f:id:reiwa00502:20190524221235p:plain

  トンネルはこんな感じです。ゆるやかに下っていきます。側面の壁には海底らしくブルーを基調に魚の絵が描かれています。

f:id:reiwa00502:20190524221453p:plain



トンネルの中央部あたりが山口県と福岡の境目。

f:id:reiwa00502:20190524221714p:plain

 県境の道路にはこのような表示が・・。海底を歩いて県をまたぐという体験は、

非常に珍しいですよ。

f:id:reiwa00502:20190524221636p:plain

f:id:reiwa00502:20190524221651p:plain

  

 境目からは緩やかに登って福岡県北九州市門司区へ。

f:id:reiwa00502:20190524221911p:plain

 

山口県下関から歩いて15分程度で福岡県北九州市門司側に到着。

f:id:reiwa00502:20190524222028p:plain

福岡県北九州市門司区の関門人道トンネル入り口

 

  関門人道トンネルは朝6時から夜の10時まで開通で年中無休です。

気温が安定していて、雨が降っても利用できる、日焼け対策も不要、しかも無料 ということで、ウォーキングに利用している人が多いそうです。

また、中国や韓国からの観光客の方も多くいました。

f:id:reiwa00502:20190524215043p:plain

関門人道トンネル(下関側にあった地図)

 

  関門人道トンネルを渡ると認定記念として、このようなものがもらえます。↓

f:id:reiwa00502:20190524222242p:plain

 本州の山口県下関市側と九州の福岡県北九州市門司区側でそれぞれのスタンプをもらい合体して出来上がり。

 

「本州から九州に歩いて行った」・・・

「海底を歩いて九州から本州に渡った」・・

いずれも本当でネタとしても面白いと思います。

是非、皆さんも歩いてください!!

 

<<関門人道トンネルへの行き方>>

【関門人道トンネル(山口県下関市側)】

サンデン交通「みもすそ川」バス停下車すぐ

【関門人道トンネル(福岡県北九州市門司区側)】

西鉄バス関門トンネル人道口」バス停下車すぐ

 

住所

【関門人道トンネル(山口県下関市側)】

山口県下関市みもすそ川町22

【関門人道トンネル(福岡県北九州市門司区側)】

福岡県北九州市門司区

 

公式HP COME ON KANMON

http://www.gururich-kitaq.com/kanmon/detail/index.php?id=88

 

 

注意:歩行者は料金無料ですが、自転車と原付バイクは20円かかります。