日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

2020東京五輪メダル

 

2020東京五輪のメダルを見に行こうとした・・・

f:id:reiwa00502:20190728212630p:plain

 

 2020年東京五輪で授与されるメダルが7月27日土曜日から、新宿にある東京都庁第1本庁舎2階の大会PRコーナーで期間限定で一般展示が始まったというニュースを耳にしました。

 

 人生において五輪のメダルをじかに目にする機会はそうないと思うので、おっさんは初展示の翌日・28日日曜日の昼に都庁に足を運びました

f:id:reiwa00502:20190728212951p:plain

 ニュースによると、メダルは金・銀・銅の3種類でケースに入っているために直接触れたり、持ったりすることはできないものの、間近で見ることができるし写真撮影も自由だと言うことです。

 披露されたメダルのデザインは「光と輝き」「アスリートのエネルギー」などがコンセプトとなっているそうで、どの方向から見ても輝くように工夫されているそうです。

とにかく本物の五輪メダルを見てみたい!!

 

 

しかし!!・・・・

2階に上って愕然としました・・・ご覧ください、この長蛇の列!!

f:id:reiwa00502:20190728213605p:plain

とにかく長い行列!!f:id:reiwa00502:20190728214147p:plain

 

 おっさんは最後尾に並ぶものの、コレは目的地に着くまでに、「いったいどのくらいの時間が、かかるのだああ」と頭が痛くなりました。

f:id:reiwa00502:20190728214908p:plain

係りの人に聞いたら2時間から3時間はかかると!!

f:id:reiwa00502:20190728220023p:plain

 おっさんは先週日曜・21日から夏風邪を引いてしまい体調が非常によくなく、頭がフラフラします。しかも、外は30度を越える暑さ。

このような状況で2時間半以上行列に並ぶことは出来ないので、この日は泣く泣く見学を断念しました。

 

おっさん、撤退!!

 

 

(ちなみに・・・)

 五輪・パラリンピックのメダル計約5000個分に使われる金銀銅は全て、全国から集められた不要な携帯電話や小型家電をリサイクルして作成したというエコメダルです。 

 今回の展示では、2020五輪メダルと同時に聖火リレーで使われるトーチも展示されていて、こちらは誰でも手に持つことができるそうです。

 

(展示はわずか5日間だが、あきらめない・・・)

 五輪メダルは、東京都庁の第1本庁舎2階の大会PRコーナーで31日までの間、わずか5日間展示される予定で、公開時間は午前9時半から午後6時まで。

なんとか都合をつけて五輪メダルの実物を見たいと思うおっさんです。

f:id:reiwa00502:20190728215303p:plain

 

【東京2020公式HP メダルに関しての記述】

 

東京都庁HP 五輪メダルに関して】

 

<<2020東京五輪メダル展示コーナーへの行き方>>

東京都庁第一本庁舎2階北側
「オリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナー」

JR新宿駅西口から徒歩10分程度

 

●住所:東京都新宿区西新宿 東京都庁

f:id:reiwa00502:20190728221805p:plain