日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

9月2日、降伏文書調印

 

1945年(昭和20年)9月2日、東京湾の横須賀沖に停泊していたアメリカの

戦艦・ミズーリ号の船上で、太平洋戦争の降伏文書の調印式が行われました。

この日は日曜日でした。

 

降伏文書に調印したのは、日本側が外相の重光葵、陸軍参謀総長梅津美治郎、連合国側は 、連合国最高司令官としてダグラス・マッカーサー、その後、アメリカ、中国、

イギリス、ソ連、オーストラリア、カナダ、フランス、オランダ、ニュージーランドの代表が署名しました。

 

1941年(昭和16年12月8日)から始まり3年8か月続いた太平洋戦争の終結をしめす

降伏文書調印式が、東京湾に浮かんだアメリカ海軍の戦艦・ミズーリ号の上で行われました。

 

【敗戦国の悲しさ。なめられ馬鹿にされた日本】

この降伏文書調印式は、正当な国と国との国際条約の調印でありながら、実に敗戦国の日本に失礼な態度が満載です。

1つ1つ見ていきましょう。

 

【1、国際的な調印の場としては馬鹿にした扱い】

著作権の関係で当時の調印式の写真を掲載できないのが残念ですが、この調印式の時、米兵の多くが船の上から足を投げだしたりして調印の様子を上から見下ろしています。

国際的な国と国との条約の場にこの態度!

負けた国とはいえ日本に対しすごく失礼なふるまいです。

 

 

【2、いい加減な調印!間違えて書いたままの「降伏文書」は日本が所有】

 このとき調印された「降伏文書」は2通あり、1通は、ワシントンの国立公文書館

もう1通は東京・麻布台にある外交史料館にそれぞれ保管されています。

 しかし、日本が保存する「降伏文書」とアメリカが保存する「降伏文書」は異なるものです。そして、日本のは乱雑です。

実は、最初に作られた調印文書は、カナダ代表のムーア・ゴスグローブが指定された

署名欄の場所を間違えて、次のフランス代表の欄に署名してしまったのです。

それ以後、フランス代表、オランダ代表も次の国の欄に書いたために、最後のニュージーランド代表は、書く場所がなくなり、欄外に署名しています。

そのため、なんとも不格好な「降伏文書」となりました。

この不格好な調印文書が日本用となりました。

 一方、この後に再度署名されたもう1通の降伏文書は、全員が指定された欄に書いていて綺麗な文書で、アメリカが保管しています。

 敗戦国日本は、この失敗作とも言える書き間違えた降伏文書を持たされたのです。

敗戦国とはいえ、ひどい扱いです。

 

 

【3、降伏文書調印を世界中にラジオ中継】

 

連合国は、敗戦国日本の降伏の様子を世界中にさらさしました。

 

降伏文書調印の模様は、23分間に渡って、ミズーリ号から全世界にラジオで生中継されました。恥さらしです。

 

日露戦争の時、乃木将軍が、敗れたロシアのステッセルとの水師営で行った会見や東郷平八郎日本海海戦で敗れ捕虜になったロジェストウェンスキーを見舞ったときに、

それぞれ両者は敗者をいたわる武士道精神を見せましたが、それとは逆です。

完全にナメています。

 

【4、署名した5本のペン】

マッカーサーは5本のペンを取り出して交代で文章に調印し、最初の1本を、ジョナサン・ウェインライト中将に渡しました。2本目のペンは英国極東軍司令官だったアーサー・パーシバル中将に贈られました。

パーシバルは、日本軍によってのシンガポールが陥落したの時の責任者で、この時は、英国史上最大規模の13万人が降伏しました。

3本目はマッカーサーの母校であるウェストポイント陸軍士官学校、4本目はアナポリス海軍兵学校に贈り、最後の1本は妻ジェーン用にとしました。

降伏文書に使用したペンは、マッカーサーの個人的な記念品に利用されたのです。

 

 

【5、調印式での戦勝国アメリカが計算した演出】

この調印式は、戦勝国の中でも中心となったアメリカのイベントでありセレモニーで

ありました。そのためアメリカが数々の演出をしています。 

 、戦艦ミズーリの甲板に掲げられた2枚の「星条旗

降伏文書が調印されたミズーリ号には2枚の合衆国星条旗が掲げられました。

1枚目は、1941年(昭和16年)開戦時の真珠湾攻撃を受けた時に、ワシントンのホワイトハウスに掲げられていた48星の「星条旗」です。わざわざ首都・ワシントンから運び込んだそうです。

もう1枚は、1853年に初めてアメリカ軍が日本に来た時、すなわりペリー艦隊の旗艦である蒸気外輪フリゲート艦サスケハナ号が掲げていた31の星が描かれた「星条旗」です。

これは、ダグラス・マッカーサーの強い要望で保管されていたメリーランドのアナポリス海軍士官学校博物館から取り寄せ、額にいれたまま掲げました。

アメリカの歴史的な出来事」ということで2つの意味ある星条旗を持ち込んで掲げたわけです。

 

ちなみに式場には、日本や署名する他の連合国の国旗も一切掲げられませんでした。

  

 ②、ミズーリ号が停泊した位置

マッカーサーは、ミズーリ号が停泊した場所は、1854年に日本とアメリカの最初の条約・日米和親条約が締結されたときに、船上で調印をしたアメリカ軍の「ポーハタン」号が停泊した時と、同じ緯度・経度の場所に停泊させました。

 

まあ、色々と バカにされた、失礼な行為を取られたわけです。

 

有史以来、日本が完全に他国との戦闘に敗れ、

それを正式に承認した日、

それが1945年(昭和20年)9月2日でした。

日本は、この日から初めて外国の占領下になります。