日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

首都防衛高射砲陣地跡

f:id:reiwa00502:20210725172947p:plain

調布飛行場から見て対岸に、「どんぐり山」と呼ばれる高台があります。

住所で言うと東京都三鷹市大沢4丁目です。

現在、私立の保育園があるこの高台からは、調布飛行場を見下ろすことができます。

ここに太平洋戦争時に、空襲で飛来する米軍機を迎え撃つ高射砲が装備され、

東部第1903部隊調布隊が駐留していました。

 

(帝都防空の高射砲部隊)

1944年(昭和18年)9月、調布飛行場を一望できる見晴らしがいい、どんぐり山の一帯に、首都防衛のため高射砲陣地が置かれました。

ここには「八八式7センチ野戦高射砲」6門が備えられ、仲午六隊長以下186名の東部第1903部隊が陣地を構築し駐屯していました。

1945年(昭和20年)2月17日、正午過ぎに中島飛行機武蔵製作所を攻撃した米軍の戦闘機・グラマンが、この高射砲陣地にも襲来し、銃撃戦となり調布隊の4人が戦死しています。

これは日本本土での初めての米艦載機と地上部隊との戦闘でした。

 

(今も残る4つの台座)

 現在、高射砲陣地があった敷地の一部は私立保育園になり、当時供えられていた6つの高射砲のうち4つの高射砲台座跡が残っています。

f:id:reiwa00502:20210725173939p:plain

 高射砲陣地跡は、現在は私立保育園の敷地内にあるので、おっさんは保育園の許可を頂き、敷地内に入れていただき中を見せて頂きました。 

台座は、直径約三メートルのコンクリート製でした。

f:id:reiwa00502:20210725174213p:plain

f:id:reiwa00502:20210725174248p:plain

f:id:reiwa00502:20210725174405p:plain

 

また保育園隣の駐車場脇には、台座の上に水道関係のパーツと推測される高さ60センチくらいのコンクリ円柱が置かれていました。

繁みに隠れていますが、柵の向こう側の画面中央です。

f:id:reiwa00502:20210725175203p:plain

f:id:reiwa00502:20210725175125p:plain

 

なお、園では毎年2月17日に、空襲で亡くなった方の慰霊祭が行われています。

 

三鷹市役所公式HP 首都防衛高射砲陣地後】

 

<<首都防衛高射砲陣地に行くには>>

椎の実保育園の中に高射砲陣地跡があります。
住所:東京都三鷹市大沢4-8-8、電話0422-32-4103

【首都防衛高射砲陣地跡見学希望者はここへ】

この首都防衛高射砲陣地跡は、私立の保育園の中にありますので、見学希望者は必ず

事前に連絡をして見学許可をとってください。

   【この地図の左下にある四角い写真をクリックすると航空写真に変わります

 

f:id:reiwa00502:20210725174313p:plain

 

 かつて帝都の空の守りだった首都防衛高射砲。

その存在を忘れてはいけません。

f:id:reiwa00502:20210725174108p:plain