日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

4月23日 三国干渉

もし、あなたが合法的に手に入れたものを、

第3者がやってきて「相手に返しなさい」と言い

その後に、その人がちゃっかりソレを自分のものにしたら。。。

 

そんなことが起きました。

4月23日に起きた三国干渉です。

 

日清戦争下関条約で獲得したものの・・)

1894年( 明治27年),日本が本格的に外国と戦争をした日清戦争

翌年、清に勝利した日本は4月17日、下関で条約を結びます。

この条約で日本は賠償金と清国の領土を獲得しました。

下の写真は下関条約です。

f:id:reiwa00502:20190903162016p:plain

 

下関条約について書いたブログはココ】


(三国干渉)

近代国家として初の外国との戦争に勝利し、賠償金と領土を得た日本ですが、下関条約の内容を見たロシア・ドイツ・フランスが, 日本が 領有した 遼東半島を 清に返せと

要求してきました。三国干渉です。

日清戦争で日本が勝利し、中国大陸に領土を獲得するとなると、中国での日本の力も

大きくなる可能性があります。そうなると満州進出をうかがうロシアは、日本を危惧しました。

1895年4月8日、ロシア帝国下関条約で日本が合法的に獲得した遼東半島に対し、

「日本の旅順併合は、清国と日本が良好な関係を結ぶことに対して永久的な障害となり、東アジアの平和の不断の脅威となるであろう、というのが、ヨーロッパ列強の共通の意見である。従って、日本に対し半島領有の放棄を勧告し誠実な友好の意を表する——ということを、日本へ申し入れる」ことを、列国に提議します。

そして4月23日、東京駐在のロシア、ドイツ、フランス3国の公使が外務省を訪れ、

「日本の遼東半島領有は東アジアの平和を乱すもの」として、遼東還付を勧告する覚書を手渡します。

これに対抗できる力がなかった日本政府は、5月4日の閣議で全遼東半島の放棄を決め

5月10日、遼東半島を清に返還します。

これに関して国民の間では「臥薪嘗胆」がスローガンとして登場します。

その後、ロシアは日本から手放させた遼東半島の旅順と大連を租借し、根拠地とします。ちゃっかりしています。

この旅順が日露戦争で日露の大死闘が繰り広げられます。

【旅順陥落露軍降伏について書いたブログはココ】

 

(進む中国の半植民地化)

列強はこの干渉以降、中国の分割支配に本格的に乗り出します。

ドイツは山東省の膠州湾、イギリスは、九龍半島や香港の対岸の新界、フランスは広州湾を租借します。

ここで鉱山を開発したり鉄道を建設するなど様々な経済上の利権を手に入れ、清国内に独占的な勢力範囲圏を作り上げてきました。もう清は半植民地状態です。

 

(仮想敵国ロシア)

この三国干渉、さらに旅順や大連を奪い取って自分のものにした行為から

日本では大国ロシアに対する敵意が育ち、それが日清戦争10年後の日露戦争へとつながります。

 

・・・ということで4月23日は三国干渉が起きた日です。