日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

実録:おっさんのコロナ闘病記~コロナにかかっちゃった!PCR検査で陽性!コロナ自宅療養をこうして過ごした!~

【初めに】コロナにかかると何をどうしたらいいかと言う情報が少なく不安になるので、1人でも多くの方にこのブログを紹介して下さい。
おっさんの体験がコロナにかかった人に何か良い手助けになればと思います。

2022年(令和4年)8月10日(水)
おっさん コロナに感染!!
症状の経緯・推移と、どう過ごしたかを報告!!

コロナにかかった人は参考にしてください!!
(コロナ患者に対しては各自治体で対応が違うと思います。
この体験はおっさんが住んでいる自治体の話です)


【始まりは8月10日(水)体温38.3度】

2022年〈令和4年)8月10日(水)、昼過ぎに、いきなり頭がズキズキ痛くなる強烈な頭痛を感じたおっさんは体温をはかると38.3度!

 

(診察をしてくれる病院がない!!)
これはコロナかもしれないと思い病院に行き検査を受けようと、自治体がHPに掲載している発熱時の対応病院に電話をかけました。

※いきなり病院に出向いてはいけません!!まずは病院に対応可能かどうかの確認の
電話が必要です!!

しかし!!! 
①水曜なので午後休診
②本日はもう満杯で対応できない
③新患は受け付けない
④ようやくつながった病院は来週までもう空きがない

・・・と言う理由でことごとくダメです。50近い病院に1時間以上電話しましたが
全滅!
また自治体のコロナ電話ナビに電話しますが、ずーっと話し中で20分近く待たされ、
しかも0570で始まる電話番号なので料金だけが延々と取られただけでした。
ストレスがたまるだけです!!改善してくれえええ!!!

【0570で始まるナビダイヤルを安くする方法は
下をクリック】

 

世間ではコロナ患者が多く病院はその対応に追われているんですねえ。。実感しました!

 

(熱が下がったのでPCR検査を受診)

ところが、午後4時半近くにもう1度体温をはかると今度は36.6度。んん??熱が下がっている!!しかも頭痛もない。これは正常か?!!
でも念のためPCR検査を受けておこうと、駅前にあるPCR検査センターに行きました。

 

PCR検査を受診)

駅の近くにあるPCR検査センターに行きましたが、すでに長蛇の列。
ここに1時間半近く並んでようやく検査を受けました。

検査方法は唾液採取です。

おっさんも唾液を採取。 検査は5分もかかりませんでした。
並ぶ時間がかかりすぎました。

これにてPCR検査は終了。翌日の昼に結果が出るとのこと。

【教訓】
コロナの公共機関の作業はとにかく時間がかかる!
自治体も病院探しも、何もかも!
とにかく時間がかかる!!


【1日目:8月11日(木)コロナ陽性判明】

(陽性=コロナ感染)

PCR検査をした翌日の2022年(令和4年)8月11日午後1時半、PCR検査の時に登録した
マイページに検査結果が届きました。これです。↓

すると、すぐにPCR検査センターと提携している病院から電話がありました。
電話では住所・氏名・年齢確認、さらにこれまでのコロナワクチン接種回数、現在の
症状、この3日間の行動を尋ねました。
これが「陽性確定診断」とのことで、この電話診断をもちまして、おっさんは正式に
コロナ陽性となりました!

今後の流れとしては、PCR陽性情報が病院から保健所に送られ、保健所から患者に、
今後の事について連絡が来るので待つように言われました。

厚生労働省からのメール)

病院からの電話の後、厚生労働省からのメールが携帯電話に届きました。
色々と関係各所のHPが案内されていました。当然のごとく、これも全国のコロナ患者からの殺到でつながりにくいものでした。

(おっさんの症状)

さて、コロナ感染判明直後のおっさんの症状ですが、熱は夜八時半の段階で、下の写真のように36.5度です。
具合がよくなったかなと思っていたら、そんな状態は長く続かず、鼻水が出て頭痛も出てきました。咳も出ます。
普段より身体がだるくて眠いですね。倦怠感がありますね。とにかく何回も寝るんです。また、時折身体の節々に痛みを感じます。頭のズキズキがきついです。
重い風邪のような症状です。
食欲は普通で味覚障害や嗅覚障害はありません。

 

【2日目:8月12日(金)】

(翌日保健所から連絡が)

コロナ陽性が発覚した翌日の8月12日(金)昼、保健所から電話が入り、住所・氏名・
現在の症状の聞き取りがあり、その後メールが届きました。

このメールには「陽性と判断された方へ」「濃厚接触者の方へ」「療養中の体調悪化について」「生活支援物資の要請について」「陽性の方のオンライン診断」に分かれていて、情報満載です。
具合が良くなかったのでおっさんはオンライン診断を受けました。これは陽性者用専用のオンライン診療だそうです。

しかし、またこれが混んでいてオンライン診断になかなかつながりません。

20分ほど待ち、ようやくドクターとオンラインでの診察です。
そしてオンライン診断から7時間後の午後7時半に自宅に薬が届けられました。薬は玄関のドアにかけてもらいました。届けられた薬は、感冒薬②咳止め薬③頭痛関節痛止め薬④整腸剤でした

 

保健所から患者本人に、コロナ陽性の確認電話が来た時点で、以後のオンライン受診の薬代及び配送料は公費=本人負担が無料です。助かります!

(症状)

コロナに感染し薬を飲み始めたおっさんの症状は以下の通りです。
薬はのんでいるものの鼻水が出て頭がガンガンします。
咳も出ます。熱は37度前後の推移です。
とにかく普段より身体がだるくて眠いですね。とにかく何回も寝るんです。
また、時折身体の節々に痛みを感じます。
重い風邪のような症状です。食欲は普通で味覚障害や嗅覚障害はありません。
でも、薬をもらったのでこれで症状が軽くなるので助かります。

(生活支援物資も要請)

コロナに感染し動けない、食料の備蓄もほとんどない、これでは生きていくのも大変だという状況だったので自治体からの生活支援物資も要請しました。
自治体から送られたメールにあるURLをクリックしそこに住所・氏名・症状を書けばOKです。

 

(外出禁止自宅での隔離状態での療養はいつまで??)

コロナに感染したらいつまで隔離した状態での療養となるのか。気になりますよね・。
保健所に確認したところ、発症した日を0とし、次の日を1日目、その次を2日目と
カウントするそうです。そして10日目までは外出禁止でそれ以降に体調が悪くなければ外出・出社・登校がOKとのことでした。
おっさんは8月10日(水)に発症ですから、このまま順調に行けば8月21日(日)には
復帰できそうです。

 

【3日目:8月13日(土)生活支援物資受付完了】

午前中に、生活支援物資受付完了メールが来ました。

【4日目:8月14日(日)生活支援物資到着】

(生活支援物資到着)

8月14日(日)午前10時半、自宅に生活支援物資が届きました。
申請して2日後、受付完了メールを受診してまる1日ですね。
宛名も何も書いてない段ボール1箱が届き玄関に置いてありました。

中を開けると・・

中身は、レトルト御飯、缶詰、インスタント麺など。有難いです!!
ただコロナ感染経験者の立場から言うとコロナに感染して5日くらいは、胃が死んでいて普通の食事では胃が食べ物を受け付けません。
ですからこれらの支援物資はコロナの状況がだいぶ収まり回復期に入ったら食べることになるでしょう・・。
ちょうどその時期は、コロナによる長期外出不可期間中で食料も底をつきそうになる
時なので助かります。感謝!!

 

またホテルでの隔離療養も保健所に希望しましたがコロナ患者が多くノミネートはしたもののコロナ患者が多く順番を待っている間にコロナが回復しました。

 

(8月13,14日のおっさんの症状)
薬を飲んだもののそう簡単には回復せず、頭痛で頭がキリキリ痛むし、
鼻水は出るし、喉も痛いしすぐに疲れて眠くなるし、きつかったですねええ・・。
ただ薬があるから症状は和らいだはずです。

 

【5日目:8月15日(月)~8日目:8月18日(金)】

(症状)
薬を飲んでも頭がズキズキ痛く、身体がきつくて、1日の半分以上は寝ていました。
咳も出るし食欲ないし・・。熱は37度前後を推移です。とにかく身体がきつくてきつくて。。。コロナは大変ヘビーです。

【9日目:8月19日(金)~10日目:8月20日(土)】

8月19日(金)にはようやく熱も平熱になりましたが、頭痛が残り、身体がきついのは相変わらずです。そこで2度目のオンライン診察で診てもらいました。ブレインフォグという頭がモヤモヤするコロナの後遺症ということで薬をもらい飲みました。

【ようやく回復かな?
11日目:8月21日(日)~18日目:8月28
日(日)】

発症から11日目の8月21日(日)は、まだノドの痛みと頭痛は残っています。あと身体がだるいんですよ。医者によるとコロナ後遺症だということです。体がだるくて1日中横になっていました。このだるさがくせ者で長引きました。

【発疹が出た!!
19日目:8月29日(月)~22日目:9月1
日(木)】
なんかかゆいなあと思って、かゆい場所を見たら・・・発疹が出ていました!!
汚い写真ですみません!

【どうにか回復にさしかかったかな
23日目:9月2
日(金)】

9月2日(金)コロナ発病から23日目、ようやく後遺症も軽くなりました。いやあ~長びきました。


(コロナ感染時期の過ごし方)
コロナにかかると最低10日間は隔離した生活をおくることになります。
この期間コロナ感染者のおっさんが、どう過ごしたかを紹介します。

●ネット環境とクレジットカード

今回、コロナにかかって1番感じたのは、ネット環境とクレジットカードがあって大変助かったということ。
病院や市役所からはメールでの連絡が来ましたし、オンライン診察もできました。
また、クレジットカードがあればネットで買い物もできました。
逆に言うとネットが使えない方にはかなり不便となります。

 

●食

コロナに感染したら食事や食材を買いに行くこともできません。備蓄があるといいのですが、普段のご家庭では10日分も備蓄している家は少ないでしょう。と言って外出もできない。。。
この闘病期間の10日分の食事をどうするかが凄く重要です。

支援物資は頂きましたが、あれはコロナ初期には、なかなか重すぎて食べることができません。
コロナに感染したら身体がきつくて食事が喉を通らないので、味噌汁やおかゆ、ヨーグルト、野菜ジュース、ポカリスエットなど胃に負担がかかりにくいものがいいです。
・・で、おっさんはどうしたと言うと・・。
①おっさんは、近所に住んでいる複数の友人にお願いし、弁当や食材を購入してもらい、部屋の入口まで運んでもらいました。レシートを取っておいてもらい、回復したら支払うことにしました。


②通販 Amazon楽天が注文→すぐに配達→家まで運んでくれるので助かりました。

【コロナ感染療養中は通販が1番!!】

Amazonは対応が早いから助かりました!!
下をクリックするとアマゾンのHPに行きますよ。

楽天は種類が豊富です。
下をクリックすると楽天のHPに行きますよ。

ティッシュとビニル袋

長期間大量に鼻水や痰が出るので大量のティッシュが必要です。それを放置したら不衛生なので、とゴミ袋用に小さなビニル袋が結構いります。

 

●連絡
おっさんは友人たちとの連絡はLINEの映像や携帯電話で行いました。


●換気と水分補給と脱水症対策

毎日3時間に1回は窓を開けっぱなしにして20分以上の換気を行いました。
あと熱中症対策でクーラーは24時間フル稼働。
脱水症対策でこまめに水を飲みました。氷を入れた水がコロナで消耗している身体に
染みます!

 

●有り余る時間をどう過ごしたか・・

最初は身体がきつくて寝てばかりでしたが、回復期になるとずっと部屋に引きこもるのは凄く退屈でした。
そこでAmazonプライムビデオで「ルパン三世」や「緊急取り調べ室」を見て過ごしました。
いやあ、Amazonプライムビデオは本当にいいです。お勧めします。

Amazonプライムビデオは30日間の無料体験付きなんで、それもいいですねえ。
まずは下をクリック!

Amazonプライムビデオ

 

(コロナになった原因は??)

今回、おっさんはどうしてコロナに感染したか?
医者によると8月11日のコロナに症状が出たことから、コロナに感染したのは8月8.9日あたりが怪しいと。
おっさんは8月6日から多くの人が集まる式典に立て続けに参加しましたので、
この段階でコロナに感染した可能性があります。

しかしいずれの式典もマスク着用だったし、会話も控えめだったのに・・・・。

 

(ワクチン接種も3回したのに・・)
さらに言うと コロナのワクチン接種も3回やったのに・・・。
ワクチンを接種してもコロナになる時はなるんですね・・・。

 

・・・コロナは身体がきつくなかなかヘビーでした。
不便な事もたくさんありました。
今回のおっさんの体験が、コロナに感染した人
に役に立てば幸いです。
※知り合いの方がコロナに感染しましたら、この体験談を伝えて下さい。コロナになったらどうしたらいいか、
その何らかの手助けや情報になればと思います。