日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

インパクト強烈!!立石稲荷大明神(山口県下関市)

この神社、強烈なインパクトがありますよね!
平氏が滅んだ壇ノ浦がある
みもすそ川公園から、
安徳天皇平氏一門を祀る赤間神宮歩く途中の
山側にインパクトがある神社を発見!!

山をえぐって作ったような小さな神社!!

道路近くに面したこの距離!!

しかも階段状に続く朱色の鳥居!!

これが立石稲荷大明神です。

この立石稲荷大明神国道9号線沿い、道路のすぐの距離に鳥居があります。

一の鳥居をくぐり1歩歩くと上にあがる階段です。近い!!

階段は急で中央に手すりがあります。

(中段)

中段にある石でできた鳥居は「大正十年の寄進」と彫られています。
大正十年=1921年、、100年以上前の物です。

中段には「平氏千人塚」と、「平家無縁之供養塔」がありました。

そのとなりには「立石大神」「金光大神」と彫られた灯明が。。

(最上段のツインの祠)
最上段には祠がありました。

これが2つ横に合体しているのです。珍しいツインの祠です。

上から階段を見おろすと急こう配なのがわかります。

 

(立山稲荷大明神の由来証)

石にこの神社の由来証が書かれていました。
1184年の屋島の合戦で敗れた平家は下関市彦島へと逃げます。このときに伏見稲荷の分霊をここに祀ったといわれています。

烏帽子岩

立石稲荷大明神の、国道9号線を挟んで対岸にある関門海峡の中には、烏帽子岩という注連縄(しめなわ)がつけられた岩があります。

これは立石稲荷大明神のご神体と言われています。

(関の注連縄祭り)

毎年12月10日には、壇ノ浦で滅んだ安徳天皇平氏一門を祀る赤間神宮の神官と、地元の漁業関係者が、航海の安全と豊漁を祈願する「注連縄祭り(しめなわまつり)」が行われ、重さ20kgの注連縄を新しいものに取り替え、お祓いをします。
これ、見に行きますよ!!

 

<<立石稲荷大明神への行き方>>

立石稲荷大明神には専用の駐車場はありません。

近くにある関門トンネル人道の駐車場を利用して下さい。

駐車場の横断歩道を渡り、みもすそ川公園に行き、そこから唐戸方面に向かいます。

遊歩道を歩くと10分程したら山沿いに見えてきます。

住所:下関市壇之浦町6

 

平氏が滅亡した壇ノ浦を望む場所にある立石稲荷大明神

みもすそ川公園のすぐ近くなので、

ここにも立ち寄って下さい。

上からの眺めは爽快ですよ!