日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

銀座和光

 

おっさん銀座に登場!!

f:id:reiwa00502:20191030154455p:plain

 

銀座にある「時計がかかった大きな建物」。

この建物、誰もが一度は見にしたことがあるのではないでしょうか?

 

この建物は正式には、「銀座和光」と言い、銀座4丁目の、中央通りと晴海通りの交差点、いわゆる銀座の中心に立つ「銀座を象徴する建物」です。

f:id:reiwa00502:20191030154727p:plain


 

(流行の最先端の街・銀座)

「銀座」・・江戸時代に銀の貨幣の鋳造所が置かれ発展した場所であり、昭和初期には、おしゃれなファッション感覚を身につけたモダンボーイ(モボ)やモダンガール(モガ)と呼ばれる人々が銀座の街を歩きました。

また、銀座の街をぶらぶら散策する「銀ブラ」も流行りました。

現在は日本有数の繁華街として国内外に有名な場所で、また銀座4丁目付近は地価の

ニュースの時に、日本で一番地価が高い場所としてよく登場します。

 

 

(時計台)

銀座の象徴とも言える時計台は、当初は服部時計店の社屋として建てられました。

初代の建物は1894年(明治27年)に建築されました。

建物が建設された1894年(明治27年)という年は、明治政権になった日本が初めて本格的に外国と戦争をして勝利した、日清戦争が開戦した年です。

 

時計台は1932年(昭和7年)に建て変わりました。

これが現在もある建物で2代目です。

地上7階、地下2階の鉄骨鉄筋コンクリート構造で、外壁は天然石が使用されています。

ちなみにこの建物が建て替えられた1932年(昭和7年)は満州国が建国した年です。

以後、今日に至るまで、銀座を象徴してきました。

1954年(昭和29年)に封切された映画「ゴジラ」では、ゴジラがこの建物を破壊しています。

f:id:reiwa00502:20191030155641p:plain

 

 

セイコーホールディングスとは)

セイコーホールディングスは、服部時計店として、1881年明治14年)に、

服部金太郎が、輸入時計・宝飾販売店として創業しました。

やがて日本初の腕時計、世界初のクオーツ時計を製品化するなど世界的技術を誇る時計の製造会社、精密機器・電子機器のメーカーとして発展します。

今では、セイコーグループの中心会社として、高級実用腕時計であるグランドセイコーや高級・宝飾腕時計としてクレドール、ファッションブランドウォッチのWIRED、などを展開するなど時計関連で著名な世界企業=「世界のセイコー」です。

 

(銀座NOW)

昭和初期にはモボ、モガが闊歩した銀座ですが、今でも高級百貨店やデパートが並ぶ商業街です。

その中心地,銀座4丁目には、銀座和光の道路を挟んだ正面に、銀座三越があります。

f:id:reiwa00502:20191030154928p:plain

 

銀座三越と言えば欠かせないのが ライオン。

f:id:reiwa00502:20191030155139p:plain

 

おっさんが歩いた2019年(令和元年)10月下旬には、銀座に大型バスで大量に押し寄せて、高級店で大量に品物を購入する中国人観光客の姿をあちこちで見ました。

国際商業都市としても銀座は成長しています。

 

 

<<銀座和光への行き方>>

東京メトロ 丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座」A10・B1出口すぐ

住所: 中央区銀座4

建築年: 1932年(昭和7年)

設  計: 渡辺仁

 

銀座和光 公式HP】

 

f:id:reiwa00502:20191030155425p:plain