日刊  おっさんの人生これから大逆転だぜえ!(日本史+史跡)

普通の会社員の“おっさん”が、パワースポットや史跡、戦跡を巡った記録です。旅行に出かけるときの参考にしてね! 史跡や歴史から学び 運気を上げて、“人生大逆転”を狙います。

MENU

【検証】違いがわかるかな?麒麟麦酒とアサヒビール 飲み比べてみた

キリンビールアサヒビール。。日本のビールの首位争いを繰り広げるトップ2です。

しかし、飲み屋で生ビールを注文しても、ジョッキでつがれた形でくると、

それがキリンなのかアサヒなのか、おっさんはわかりません。

そこで、もし、銘柄を隠したままで麒麟の1番搾りとアサヒスーパードライを同じ

コップに注いで飲み比べたら、その違いはちゃんと判るのでしょうか?

やってみました。

 

(1番搾りとスーパードライで飲み比べ)

アサヒビールの主力・スーパードライキリンビールの主力・一番搾り

いずれも近所のスーパーで購入しました。

いずれも350ミリリットル、税込み195円です。

 

キリンビールは1番搾りです。

アサヒビールスーパードライ、とってがついた背が高いグラスに注ぎました。

はい、この通り

見た目を比べて見ましょう。

2つとも色、泡の出方、、似たような感じです。

(実際に飲み比べると。。)

で、実際に飲み比べると、アサヒスーパードライは飲んだ後、辛さが来ます。味はうまいですが、コクは少なめです。香りも控えめで、後味すっきり、泡もすぐなくなります。

キリンビール一番搾りですが、深いコクと濃い味が特長ということです。

しかし、お互い2杯目くらいからは、どっちも同じような味に感じてきました。

いい加減ですみません。

 

(同じグラスに注ぐと。。)

では、2つのビール、アサヒスーパードライとキリンの一番搾りを同じグラスにつぎます。

区別がつくように、アサヒスーパードライを継ぐグラスの底にテープを張り アサヒのA を書きました。

 

さて、同じ大きさのグラスにつぐと。。。

どちらがアサヒスーパードライでどちらがキリン1番絞りか??

見た目ではほとんど変わらないような気が・・・

皆さんわかりますか??

答えは

左がアサヒスーパードライ 右がキリン1番絞りでした。

見た感じ全く同じ、区別がつきません。

さらに双方を飲んでも、正直な話、おっさんの味覚では、どっちでも同じ、、。

つまり、もし居酒屋で、アサヒビールが出ようとキリンビールがこようと、そんなに

こだわりがないということです。

 

(ビールに関するおまけの話)

ちなみに、日本初の缶ビールは1958年(昭和33年)9月15日(月)、朝日麦酒(現在のアサヒビール)が販売したもので、当初は缶切りで開けて飲んでいました。

そのことについて書いたブログ記事はココです。

 

このビール飲み比べ、ビール銘柄当ては、

盛り上がりますよ

是非1度やって見て下さい!